Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » お花見 » 砺波チューリップフェアは雨でも楽しめる?!来場でプレゼントも?!

砺波チューリップフェアは雨でも楽しめる?!来場でプレゼントも?!

目安時間約 6分

4月半ばから5月のGWまで開催している砺波(となみ)チューリップフェアって知っていますか?

日本国内でも最大級と言われる、このチューリップフェアは700品種、300万本のチューリップを見る事が出来ます。会場の中ではチューリップで描いた地上絵なども楽しめます。

今回はそんな砺波チューリップフェアが雨でも楽しめるのか、雨の日に行くと貰えるプチプレゼントって?周辺観光スポットについてご紹介したいと思います。

砺波チューリップ公園は室内も楽しめる!

2018年のテーマは「チューリップ薫る 新たなステージへ」と題して、驚きや発見をコンセプトに開催されます。

入場料はかかりますが、見て驚いて感動する会場になっているので私も見てみたいと思っています。

チューリップがメインなのはもちろんでチューリップをモチーフにしたタワーがあり展望スペースにも上る事ができます。

展望スペースから地上を見下ろすとチューリップで描かれた地上絵を堪能することができますよ。

フェアの開催中には人気花壇のコンテストも行われています。
好きな花壇を選んで投票すると抽選でチューリップの球根がもらえるという嬉しい特典もあります。

砺波チューリップ公園では、300万株のチューリップが咲き誇り、感動と驚きへ導いてくれるのですがただ花壇が並ぶだけではありません。

地上絵をチューリップで作ったり池の上にチューリップが浮かんでいたりと女性にも大人気、デートにもおすすめな縁結びの神様と言われる写真スポットがあったりと親子連れでもカップルでも楽しめる場所となっています。

チューリップフェアが開催されている砺波チューリップ公園はかなり広い敷地になっていて公園の中には「砺波郷土資料館」という建物もあります。

資料館の中では昭和初期の砺波地方の歴史やその年によって変わる展示なども行っています。
2018年では、砺波地方の嫁入りなどの模様や当時の道具などが展示されています。

他にも旧中島家住宅と言って昔のかやぶき屋根の住宅が建っていて中を見学できるのはもちろんボラティアの方々がいるので、お茶でおもてなしをしてくれるなど休憩所としても利用できる場所です。

広い敷地の中に休憩所なども多く雨の日でも十分楽しめる公園になっていますね♪

「雨の日プレゼント」って何?

雨の日だとせっかくのチューリップも思う存分楽しめない…とテンションが下がってしまうかもしれませんが雨だからこその楽しみがあるんです!

2016年と2017年には、雨の日に来場された方にオリジナルのお菓子がプレゼントされました。
雨の日だから…と思わずに足を運べば、小さなサプライズが待っていますよ♪

前述でも説明しましたが、砺波チューリップ公園はチューリップフェア開催中に入場料金がかかります。

砺波チューリップフェア
開催期間 2018年4月20日(金)~5月5日(土祝)
開催時間 8:30~17:30(最終入場17:00)
大人(高校生以上)1000円(前売り900円)
小中学生300円(前売り200円)
小学生未満は無料

2月1日から前売り券が販売されています。

その他にもジョイフルカード(4人まで)、JAFカード(6人まで)提示で100円割引があります。

またJR城端線利用の場合は砺波駅で300円割引券が配布されるにで忘れずに貰ってくださいね。

スポンサードリンク

雨でも楽しめる砺波チューリップ公園周辺の観光名所!

砺波チューリップ公園で楽しんだあとはその周辺で観光するのも良いですね。
おすすめの観光スポットで雨の日でも楽しめる場所ならなおさら◎ですよね♪

<道の駅 となみ>

砺波チューリップ公園から、目と鼻の先にある道の駅砺波には、球根をはじめとするチューリップのグッズが多数販売されています。

中には特産物の販売所や飲食スペースの他ガラスのルーフがあり木々の温かさあふれる休憩スペースもあります。

レストランもあるので、お昼ご飯なども一緒にすますことができますね。

<チューリップ四季彩館>

名前の通りチューリップがメインの場所です。

ワンダーガーデンにはチューリップがつぼみの状態から開花するまでの成長過程を見る事が出来る場所もあります。

また、球根についても詳しく知ることが出来るアンダーファームもおススメですよ。
屋内になっているので、雨の日やお天気が心配な日でも安心して楽しめます!

<となみ散居村ミュージアム>

チューリップ公園から2キロほど離れたところにあるのが散居村ミュージアムです。

砺波平野の景観の保全や伝統文化を伝える場所でもあり敷地内には情報館や伝統の道具を展示している民具館、交流館などもあり古き良きを学ぶことも出来る場所です。

他にもチューリップ公園の周辺には、古くからの伝統を感じられる観光スポットがたくさんありますよ。

まとめ

春を感じにチューリップ祭りへ行ってみてはいかがでしょうか。そして砺波チューリップ公園と一緒に伝統に触れるのも良いですね。

砺波チューリップ公園周辺には歴史や伝統を感じられるスポットがまだまだあるのでいろいろ巡ってみるのもおすすめです。

スポンサードリンク

  -   - お花見  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

カテゴリー
メタ情報