サーフィン初心者のいた選びはロングとショートどっち?必要なものは?

スポーツ

暑い夏の時期、波に乗っているサーファーを見ていると気持ちよさそうで、チャレンジしたいな~って思ったりしますよね。

でも、サーフボードの種類がたくさんあったり、何を用意したらいいかわからないという方の為に、ここではボードの選び方やサーフィンに必要なものをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

サーフィン初心者の板選びの注意点は?

上級者の方が自由に波に乗っている姿は、見ていてとてもかっこいいですし、今からサーフィンを始めようとしている人にとってとても憧れますよね!

その気持ちとってもよくわかります!!

ですが、そんな上級者の方や有名な選手の姿を思い浮かべて、あの人と同じようなボードがいい!と思っている方要注意です。
初心者が始めから上級者と同じ型のボードに手を出すのはまず、止めた方がいいでしょう。

なぜなら、上級者が使っている板はとっても薄くて軽く浮力の弱い板を使っていることが多いからです。
初心者が始めから浮力の弱い板で波に乗れることは、まず有り得ないです。

その為、始めから上級者と同じ板を選んでしまうとあまりの練習の難しさに途中で挫折してしまう人も多いです。

そうなると、せっかく板を選んで練習しているのに本当にもったいないですよね!

挫折しないようにするためにも、板は自分のレベルや、体重、身長、体力に合っている物を。
また、自分の目指すサーフィンができる板なのかを注意して選ぶといいですね!

自分に合った板で練習を重ねることで上達のスピードもあがるし、自分自身が目指すサーフィンができるようになれることでしょう。

サーフィンはロングとショートどっちがいいの?

サーフボードの種類でよく聞くのがロングボードとショートボードだと思いますが、初心者にはどちらの方がいいのでしょうか。

まずは、2つのボードの特徴から見ていきましょう。

サーフィンのロングボードの特徴は?!

まずはロングボードですが、ロングボードは長さが274cm以上の板を指します。
大きくても300cmぐらいまでの物がほとんどです。

先の形は丸くなっています。

  • メリットは…重く、厚みがあるため安定感があり、波に乗ってゆったりと遊ぶスタイルを目指している方にお勧めです。
  • デメリットは…重いので持ち運びが少し大変です。また、波の上では小回りが利きにくいため、激しい技などは難しいです。

サーフィンのショートボードの特徴は?!

ショートボードは、長さが160~200cmで先の形がとがっています。
フィンが3~5個ついているものが多いです。
※フィンとは、板の裏側についている舵の役割を持っている物のことです。

  • メリット…薄くて軽いため持ち運びが便利なのと波に乗ったときに細かく動かしやすく、小回りが利きます。ですので、波の上で動き回ったり、激しい技をしたりするスタイルを目指したいならショートボードがいいですね。
  • デメリットは…形が小さいため、浮力がそこまで強くない為、ボードに乗るまでと乗りこなせるまでが難しいです。

2つの板の特徴を見るとサーフィンの初心者には、安定感のあるロングボードからの方がいいと感じますね。

有名なモデルは、クロスギアという板。
安定した乗りやすさを追求したバランスのとれた良い板です。
20年以上のモデルチェンジを繰り返している板で、サーファーの鉄板と言ってもよいでしょう。

もちろん、絶対にロングから始めなければならないという決まりはありませんので、ショートから始められてもいいと思いますが、相当な練習が必要になると思っていたがいいですよ。

スポンサードリンク

サーフィン初心者に必要なものは何?!

サーフィンに必要な道具は、基本的には4つあります。

  • サーフボード
  • ウェットスーツ
  • ワックス
  • リーシュ

ここでは、ワックスとリーシュについて、ご紹介させていただきますね。

サーフィンの必需品ワックスとは?!

サーフィン用のワックスは、足が滑らないように板の表に塗ります。

板に乗っているときにスタンスがずれない様にすることはもちろん、板の上に立つときにも手が滑らない様にする効果もあります。

サーフィンをするにあたって重要なアイテムですので、こちらも必ず用意しておきましょう。

サーフィンの必需品リーシュとは?!

リーシュは、板と体を繋ぐ道具です。

波に乗れず、失敗した時などリーシュで板と体を繋いでおくと板だけ流されてしまうことがないですね。
リーシュにも様々なサイズがありますので、波の大きさや強さに合ったものを用意しておきましょう。

これボードが流されないだけでなく、波にのまれたときに海上がどっちかがわかるというメリットもあります。

サーフィンではないですが、ボディーボードを初めてやった際に言われた言葉です。
絶対に最初はパニックになるから冷静に紐を手繰れと…

まぁボディーボードは手に結ぶので手繰りやすいんですけどね(笑)
ふ~んって聞いてたけど、実際に波にのまれたときはどっちが上か全然わからなくなるのですごくこの言葉が身に染みたのを覚えていますよ。

っと話が逸れましたが、基本的に用意しておかなければならないものは、わかりましたね!

サーフィンをより楽しむためにあると良いおすすめグッズは?!

他にも、用意しておけば快適にサーフィンを楽しめる道具はたくさんあります。
すべてあげると、きりがないのでその中でもお勧めを紹介しますね。

サーフボードバッグ

板は壊れやすいものです。
バッグの中に収納していれば、凹んだり、割れてしまったりするのを事前に防ぐことができますよ!

ポンチョ型のタオル

着替えがとっても楽になりますし、何より防寒対策にもってこい。
タオルを何枚も持ってくることもないですし、1枚あれば重宝すること間違いなしです!

まとめ

始めのうちはわからないことだらけで当たり前!
少しずつでも練習して心からサーフィンを楽しめるといいですね!

その為にも、初心者の方は上級者の板のまねをいきなりはせずに自分自身に合った板を見つけることが重要です。

私的には、波の上で安定感のあるロングボードを選ぶ方が初心者の方にとってはお勧めです。

サーフィンを始めるうえで必ず必要なものは、サーフボードとウェットスーツ・ワックスとリーシュです。

快適にサーフィンができるように他にも様々な道具をそろえていくのも楽しいので色々調べてサーフィンライフを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。