ゴルフは雨の日はダフリやすい?スコアアップのコツはアプローチ?!

スポーツ

ゴルフの予定を入れた日が雨でも、すぐに予定は変えたくありませんよね。

確かにコンディションは悪いかもしれませんが、雨の日でもできなくはないですからね。でも、雨の日だとやっぱりスコアは伸び悩みます。晴れの日だってどうすれば良いスコアで回れるのか悩むのに、雨の日となったら尚更です。

そこで今回は、ゴルフを雨の日にプレーするとダフリやすいのか、また、気を付けることは何なのか。雨の日のゴルフでもスコアを上げる事はできるのか。雨の日のアプローチする時はどんな事に注意すれば良いのかにご紹介します。

スポンサードリンク

ゴルフは雨の日はダフリやすいって本当?気を付けることは?

まず、フェアウェイの芝の状態があまり良くないとダフリやすくなったりします。

雨が降った後の地面は緩くなるので、ボールが芝に沈んだ状態になってしまうためです。
地面が乾燥しといる時には、ボールは芝から浮いているので多少ボールの手前からクラブで打っても、芝を滑ってボールに当たってくれます。

しかし、雨で緩んだ地面の場合だと、手前からクラブが入ってしまうと滑らずにそのまま地面に突き刺さってしまいます。
それが結果ダフリに繋がります。

これが、雨の日にはダフリが多くなる原因と言われています。

雨の日のゴルフで気をつける事

距離感

まず気をつけなければいけないのは、距離感です。

雨の日ゴルフは、すべてのショットにおいてボールは飛んでくれません。
これは、雨の抵抗やボールに付着した水などが要因とされています。

また、フェアウェイではランが出にくくなっていてグリーンは重くなり、ボールが転がりにくくなります。
フェアウェイからアイアンを打つ時は、普段使っている番手よりも番手を上げる事と、いつもよりパッティングは強めに打つ事を心がけて下さい。

パッティングはラウンドに出なくても練習ができるので、距離感を意識しなが練習しすると良いです。

そして、一番把握しずらいのはアプローチの距離感になります。
アプローチは、転がすことが多いので距離感が測りにくいです。

なかなか、ボールが転がってくれないので、ボールを浮かす技術が必要になりますが、転がりも少ないのでピンを狙うイメージを持って打てば大丈夫です。

固いバンカーの対処

雨で水を含んだバンカーは固くなっているので、ヘッドで砂を取ることが難しくなってしまいます。

普段の乾いたバンカー同様にフェースを開いて無理矢理、砂を取って打ってみると、どこに飛んでいくかわかりません。
このように固いバンカーには、ヘッドが砂に入りにくくなって ボールも埋まりにくいです。

なので、平地で打つ時と同じ距離感や振り幅でアプローチしてスイングすればいいのです。
バンカーは、柔らかい砂に埋まってしまうと難しくなるので、固いバンカーは普通に打てば良いのです。

雨の日のゴルフは、一筋縄ではいかないのでそれなりの腕が必要になります。
転がしてはいけないアプローチや、ハーフスイングなどいつものゴルフとは違う事を求められることが多くなってきます。

スコアは普段通りの数字は出ませんが、いろんな技術を身につけられるチャンスと捉えて楽しくラウンドしましょう。

雨の日のゴルフのスコアをアップするコツってある?

グリップやボールをこまめに拭く

基本的な事ですが、面倒がらずにグリップやボールを拭くというのを徹底してくださいね。

ショット前には、自分が使う道具一式はきちんとタオルで拭いて水気を取る。
このひと手間でスコアに影響が出ますからね。

雨の日のゴルフで一番難しいのは、「ボールが飛ばないこと」「上がらないこと」となります。
基本的な事ですが、ボールもグリップも、打つ度によく拭いて下さい。

マナーが厳しいゴルフですが、ボールを拭いたりする行為は許されます。

クラブの番手を1、2つ上げる

雨が降っていると雨の抵抗で飛距離が出ないので、普段使っているクラブより番手を上げたものを選ぶようにして下さい。

いつもは着ないレインウェアを着たりすると動きにくくなり、スイングもやりにくいです。
そのためボールの回転と距離は落ちるので、クラブの番手を上げて、回転の不足分や飛距離を補って下さい。

その際には、雨の程度によっても変えて下さい。
普通の雨の降り方なら1番手、結構強めの雨なら2番手、小雨程度の雨なら変えないなど、その時の雨の降り具合で判断してみて下さい。

クラブの番手を1、2つ上げる

やりずらくならない程度で、指2、3本くらい短めに握って、スイングをコンパクトに行なって下さい。

打つ度にグリップを拭いてグローブも雨用のものを使っても、普段の晴れた日に比べたら滑りやすくなっています。
なるべく、スイングをコンパクトにして、正確性を上げるようにして下さい。

フルスイングの練習だけじゃなく、ハーフショット練習や飛距離の把握も行うと良いです。
スイングをコンパクトにするなら、「ビジネスゾーン」の練習をすると良いです。

スイングのの中心部をしっかりさせると安定性の高いショットが打てるようになります。
雨の日にゴルフをするなら飛距離や安定性を高めれば、おのずとスコアも上がります。

スポンサードリンク

雨の日ゴルフのアプローチの注意点は?!

雨の日のゴルフでは、スコアがまとまらなかったり、アプローチがうまくいかなかったりと、なかなかスムーズにプレーができません。

雨の日の場合は、普段の晴れている日とは違ってショットをする場合の条件がいろいろと変わってきます。
まず、雨の日の地面は柔らかくなっているので、球を置くライも少し沈んだ状態へと変わっています。

次に、クラブフェースと球との間が濡れてしまうので、球へのスピンは思う様にかかりません。
そして、グリーンの上や芝生が雨で濡れているので、思ったほど球は転がりません。

このように、雨が降る事でいろんな状況変化が起きてきます。
雨が降って、球が沈むとダフリが増えたりトップしたりというミスが起きやすくなってきます。

また、スピンが掛かりにくいので強めに打ったらオーバーしてしまうとか、その逆もあり得ます。
晴れた日には起こらないような事が起きるので、いつも通りやっていたらカバーできない部分がどうしても出てきます。

このような状況になっても少しでも快適にゴルフをするには、クラブを少し短く持って、グリップをしっかりと握り、スイング中に手首の動きが強くなってしまわないように注意しながらアプローチすることです。

こうすれば、雨のゴルフでも大きなミスに繋がることはなくなります。
いずれにしても、まずは状況をきちんと判断しながらアプローチしていくことがとても大切です。

まとめ

前々から予定していたゴルフが雨だったらがっかりですよね。

しかも、ラウンドの予約などしている場合はキャンセルするとキャンセル料が発生する場合もあります。
余程、ひどい嵐や台風じゃない限りは回ってしまっても良いですね。

案外、力が抜けて良いスコアが出せるかもしれません。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。