Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » 生活 » 離婚したら結婚指輪はどうする?売る事もできる?リフォームもあり?

離婚したら結婚指輪はどうする?売る事もできる?リフォームもあり?

目安時間約 8分

結婚した時は幸せの象徴だったのに、離婚が決まった瞬間に見るのも嫌な物となってしまう結婚指輪。

離婚した場合はどうしたらいいかと迷いますよね。持っているのは嫌だけど、捨ててしまうというのは、さすがに気が引けます。

そこで、今回は離婚したら結婚指輪はどうすれば良いのか。売ったり、リフォームしたりしていいものなのかなどについてお伝えします。

そのまま持っておくというのは躊躇しますが、何かに変える事ができればいいですよね。
ぜひ参考にしてみてください♪

離婚した後結婚指輪ってどうするのが良い?

離婚した後に結婚指輪をどうするかについては、圧倒的に多いのは「捨てる」という答えです。

離婚したのだから、過去の生活の清算や気持ちを一掃したいなどといった強い気持ちの表れが、指輪を捨てるという行為に繋がっているのかもしれません。

離婚の際にこじれて、憎しみや恨みでいっぱいでもう二度と会いたくない位の勢いで別れた男女の場合には特に多いようです。

嫌な記憶は思い出したくないものですから、象徴となる指輪を捨ててしまいたいという気持ちが勝ってくるのは当然かもしれません。

ずっと、とっておくといつまでたっても前に進む事ができないですよね。

でもでも、結婚指輪って捨てても良いの?とか疑問に思ったりもしますよね。

結婚指輪って勝手に捨てても大丈夫?!

しかし、離婚するからといって頂いたものでもある結婚指輪を勝手に捨てて良いものなのでしょうか。

もしかして、法律上とかでは返却義務とかに関わってくるものなのでしょうか。
離婚でいっぱいいっぱいな時に、さらなる問題が出てきたら精神的にも参ってしまいますよね。

結婚指輪は返さなくても問題ありません。

結婚指輪は「無償贈与」に当たるため、法律上での返却義務には当たりません。
必ずしも贈り主に返さなければいけないものではないので、たとえ相手から返却を求められても、返す必要はないのです。

ただ、もう二度と顔も見たくないし結婚していた事も思い出したくないというのであれば離婚届と一緒に結婚指輪も返すのが、無難かもしれません。

離婚届けにサインをして判を押したら、結婚指輪と共に相手にお返しすれば自分の気持ちの中でもけじめがつけられます。

結婚指輪だけ返すと、少し不躾な感じになるので離婚届けとセットというのがポイントです。
一緒に渡す事で、離婚届けに気を取られて指輪についてはあまり気にしないかもしれません。

そうすれば、相手も傷つけずにすみますし自分自信もスッキリできます。

また、最近では捨てたり返却するのではなくて貴金属素材として売ったり、リフォームして新しいジュエリーとして生まれ変わらせたりと様々な形があるようです。

離婚した後に結婚指輪を売るのはあり?売れるの?

離婚した後結婚指輪を捨てるってちょっともったいないって思ったりしませんか?

でも結婚指輪って売っても良いの?そもそも売れるの?というのは気になりますよね。

正直なところ原型のままだと、デザインの流行りや刻印などがあって買い取ってもらえない場合もあります。

また、買い取ってもらえたとしても購入した時よりかなり安くなるのは致し方ありません。
買い取ってもらえない時は、金やプラチナ素材として売るのがいいかもしれません。

結婚指輪は金やプラチナでできているものが多いので、貴金属買取店にて売る事ができます。
しかも最近では、結婚指輪・婚約指輪高価買取専門店も登場したりして選択肢の幅も広くなってきました。

お店に持ち込むのはもちろんですが、自宅に取りに来てもらったり、ネットでやり取りした後に宅配便で送れるお店もあり、便利になりました。

購入した金額と比べちゃうと...ですが、捨てようと思ってたものがお金に変わるんですから良い選択じゃないかな~って思います。

ず~っとつけていたもので傷なんかの劣化もあるし、価格が下がるのは当然っちゃ当然ですからね(笑)

素材として売るなら...

素材として売るなら、指輪の素材や重さなどを把握しておく必要があります。
また、金やプラチナなどの素材は時期によって買取価格が変動してくるのでタイミングを見計らって売るのがお得です。

そして、指輪を売った事でちょっとしたお小遣いが入ってラッキーぐらいな気持ちでいる方が前に進む事もできます。

お子さんが居るなら「子供とディズニーランドに行けた」「ファミレスでちょっぴり豪華な食事ができた」などというようなプラスな考えをする事もできます。

売って少しでも何かの足しにしたいと考えるのは、悪い事ではないと思います。

貰ってしまえば自分の所有物なので、どのように扱おうと自由ですし、むしろ捨ててしまう方が余程資源の無駄になってしまいます。

スポンサードリンク

離婚後に結婚指輪をリフォームするのってどうなの?

今の自分があるのも、結婚して離婚したからこそと思って離婚相手に感謝しつつ結婚指輪をリフォームして使うというのはとても素敵な事ですよね。

今は、ジュエリーショップやリメイク専門のリング工房などで手軽にリフォームする事ができます。
結婚指輪はシンプルなものが多いので、手持ちのジュエリーと合わせてリフォームして違うものへと生まれ変わらせる事もできます。

リフォームも直接お店に行かずに、ネットでやり取りして宅配便で頼む事ができます。
離婚後は何かと忙しいですからそれができれば有り難いですよね。

婚約指輪もリフォームできる!?

また、結婚指輪だけでなく婚約指輪もリフォームする事ができます。

ピアスやペンダントトップなど指輪以外のジュエリーへリフォームもできるので「婚約指輪」という印象が消えて嫌な思い出の品ではなく、新たなジュエリーとしてとして身に付けられます。

離婚したばかりだと全て一掃して少しでも生活資金にと思うようですが、だんだんと気持ちも落ちついて余裕が出てきたりするとリフォームなどの選択肢も出てくるのかもしれませんね。

ただ、売るのとは反対にリフォームにはお金がかかります。

もちろん、新品を買うよりかは安く新しいジュエリーを手にする事ができますし、愛着のある物が手に入ります。

物に罪はないので、大事に使ってあげる事を考えて作り直してあげて下さいね。

まとめ

意外と結婚指輪は返却されても、相手としては困るのかもしれません。

そして、捨てるくらいなら売ったりリフォームは全然良い事だと思います。
離婚後は何かと物入りですから売ったことで少しでも現金が手に入ったら嬉しいですよね。

結婚指輪はいい物が多いので、リフォームして長く使い続けたら素晴らしいと思います。
今は昔と違って処分の仕方も様々です。

大事な事は、自分が後悔しない処分方法を選択する事ですね。

スポンサードリンク

  -   - 生活  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報