• HOME
  • ブログ
  • 生活
  • カメムシが家の中にいるのはなぜ?見失ったら?おびき寄せる方法は!?

カメムシが家の中にいるのはなぜ?見失ったら?おびき寄せる方法は!?

生活

突然家の中にカメムシがいたら、ビックリしてしまいますよね。

実はカメムシは、2mm程度の隙間があれば、ラクラク入ってくることができるのです。
でも、カメムシは、悪臭があるので、できれば早く駆除したいですよね。

ここでは、家の中のカメムシ対策のあれこれを紹介していきます。
カメムシを見失った時や、カメムシをおびき寄せたい時の対処法もお話します。

できれば遭遇したくないですがいざという時に焦らないように対策は知っておきたいですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

カメムシが家の中にいるのはなぜ?どこから来たの?

ドアも窓も閉めてあるのに、なぜかカメムシが家の中に入ってきたという経験はありませんか?
一体カメムシはどこから来て、なぜ家の中に入ってくるのでしょうか。

カメムシは寒さに弱いので、温かい場所を探し求めてやって来ます。
そのため、温かい家の中は、カメムシにとって絶好の居場所なのですね。

では、カメムシはどこから家の中までやって来るのでしょうか。
最初にお話しした通り、カメムシは2mm程度の隙間さえあれば、家に中に入ってくることができます。

「窓やドアはしっかり閉めているのに…」と思うかもしれませんね。
でも、窓やドアを閉めていても、いえのあちこちに盲点になる場所があります。

それは、窓の冊子の下や、換気扇やエアコンの空気孔です。
又、一軒家の場合は、天井裏や床下から家の中に侵入する場合もあります。

更に、外に干した洗濯物に付着したまま、家の中に入ってきてしまうこともあります。

カメムシを家の中で見失ったらどうすればいいの?

では、家の中に入ってきたカメムシを見失ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

カメムシを見失った時は、まずカメムシの侵入経路を断ち切りましょう。

そのためには、家の中を「カメムシが嫌いなもの」で満たす必要があります。
そうすることで、見失ったカメムシが家から出ていくという効果が期待できます。

スポンサードリンク

まずオススメしたのは、部屋の中にミントの香りを充満させることです。
カメムシはミントの香りが大嫌いなので、そこから逃げようとします。

1番オススメなのは、アロマディフューザーでミントの香りを部屋に散布することです。
又、観葉植物としてミントの木を置いておくのもいいですよ。

次にオススメの方法は、「家の中の照明を少し暗めにする」という方法です。
カメムシは明るい場所を好むので、暗い場所からは去って行きます。

これだけでも、カメムシが家の中から出て行ってくれることがあるようです。
カメムシを見失ってしまったら、しばらくの間だけ、照明を落とすと良いでしょう。

これなら簡単ですよね。でも本当にいなくなったのかちょっと不安でもありますよね。

スポンサードリンク

カメムシをおびき寄せる方法ってあるの

家の中に潜むカメムシを確実に駆除したい場合は、カメムシをおびき寄せる必要があります。

では、カメムシをおびき寄せるには、具体的に何をしたら良いのでしょうか。

カメムシをおびき寄せるには、カメムシが好む環境を一時的に作り上げます。
まず、家の中全体を明るく、白っぽい雰囲気にしましょう。

カメムシは、明るい場所や白い色を好む傾向があります。
なので、照明が明るい場所や白い壁、白い衣類がたくさんある場所に集まります。

このような場所を作ると、カメムシが喜んでやって来るようですよ。

次に、カメムシが好みそうな香りでおびき寄せましょう。

カメムシが特に好むのは、フローラル系の甘い香りです。
フローラル系の香りを散布すると、カメムシは「近くにエサがある」と勘違いするようですよ。

アロマディフューザーを使って、甘い香りを家の中に充満させてみてください。
又、比較的香りが強そうな花を部屋に飾るのもオススメですよ。

とはいえ暗くするだけでいなくなるならそれでもいいかな~なんて思っちゃいますね。 だって2度もカメムシに遭遇したくないです(◎_◎;)

まとめ

カメムシは、窓やドアを閉めていても、2mmくらいの隙間があれば、入ってきてしまいます。

窓サッシの下や、換気扇・エアコンの空気孔などは盲点なので、気をつけてくださいね。

侵入してきたカメムシを見失ったら、カメムシの嫌いな環境を作りましょう。
ミントの香りや、暗めの照明などがオススメですよ。

又、カメムシをおびき寄せるには、カメムシが好きそうなものを用意します。
フローラル系の甘い香りや、白っぽい色・明るい色でおびき寄せましょう。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。