Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » 美容・健康 » 寝不足が乾燥肌の原因?!そのメカニズムと解消方法は?!

寝不足が乾燥肌の原因?!そのメカニズムと解消方法は?!

目安時間約 5分

何を試してみても、お肌の乾燥が改善されず、潤いを感じないことに悩んでいる人はいませんか?

化粧水や美容液を沢山使ってお手入れしたり、食事にも気をつけて水分をとったり、サプリメントを飲んだりしてるのになかなか乾燥が改善してくれない…そんな悩みを持つ人は多くいると思います。

もしかしたら、それは睡眠不足による寝不足が原因でお肌が乾燥してしまっているのかもしれません。

睡眠は、人間にとって大事だとよく聞きますが、思った以上に睡眠不足は体に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。

そこで今回は、寝不足からくる肌の乾燥に注目して見ましょう!

寝不足で肌乾燥が起こる睡眠のメカニズム

睡眠は肌にとって最高の美容液という言葉を聞いたことはありますか?その言葉の通り、綺麗な肌にとって睡眠は欠かせないものです。

まずは、睡眠不足が原因で乾燥肌になってしまう仕組みを見ていきましょう。

仕事や子育ての影響で思ったように睡眠時間が確保できずに、寝不足になって睡眠時間が少なくなると、美肌には欠かせないホルモンが充分に分泌されなくなってしまいます。

さらに水分が減少してしまい、このことが原因で乾燥を引き起こしてしまうのです。

このホルモンは「成長ホルモン」と呼ばれていて水分を保持する力があり、健康的で潤いのある美肌には欠かせないホルモンなのです。

このホルモンが減少すると、乾燥するだけではなく肌のターンオーバーも次第に乱れていってしまいます。

乾燥し、肌のターンオーバーが乱れてしまうと化粧ノリが悪くなったり、くすみやくまや吹き出物などができてしまったり、他にもしわやたるみなど様々な肌トラブルを引き起こす原因になるのです。

お手入れしたり、食事にもに気をつけていても乾燥肌に改善がなかなかみられないのは寝不足に原因がある場合が多くみられます。

寝不足による乾燥を改善するためには、成長ホルモンの分泌を促すことが、理想の肌づくりへの近道と言えます。

寝不足による肌乾燥の改善方法

入眠してから3時間くらい経過した時間帯を「シンデレラタイム」といいます。この時間は、潤いのある肌を作るために欠かせない大事な時間だと言われています。

外には、外気や排気ガスや紫外線など肌にとって有害なものがたくさんあり、知らず知らずのうちに肌を痛めつけてしまっています。

シンデレラタイムに、深い入眠状態にあることで成長ホルモンが分泌され、日中様々なものに傷つけられてしまった皮膚の再生や修復を行います。

このシンデレラタイムに熟睡をしていると肌の新陳代謝が活発になり潤いのある美肌へと導いてくれるのです。

つまり、浅い眠りではなく入眠して3時間後のシンデレラタイムに深い眠りについているということが乾燥を改善する条件と言えます。

スポンサードリンク

どうしたら深い眠りにつけるのか?

ここで深い眠りに導いてくれる、いくつかの方法を紹介します。

  • 寝る前に、睡眠を浅くする作用のある紅茶や緑茶やコーヒーなどのカフェインが入った飲み物を控える。
  • 質のいい睡眠に導いてくれる、アロマオイルを活用する。イランイランやラベンダーやカモミールなどがおススメです。他にも、お気に入りを見つけてみましょう。
  • 寝る前にテレビを見たり液晶画面を見ることは脳が覚醒して深い眠りを妨げることに繋がるのでやめましょう
  • 深い眠りに導いてくれる音楽を小さくかける。動画サイトにありますし、専用のCDも売られていますので活用してみるといいかもしれません
  • 日中、ウォーキングなどの軽めの運動をして程よく身体を疲れさせる

これら全部をやろうと思わなくても大丈夫です。出来るものから取り入れてみてください。

 

まとめ

睡眠は、人間にとってすごく大事なものです。寝不足に陥ると、肌の乾燥だけでなく、集中力も低下して仕事にも影響が出ることもありますし、身体の様々な不調を引き起こしてしまいます。

これまでの生活リズムがありますので、すぐに変えることはなかなか難しいかもしれませんが、美肌になるためにはなるべく充分な睡眠時間を確保するように心掛けましょう。

スポンサードリンク

  -   - 美容・健康  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報