Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » 初詣 » これで恥ずかしくない!京都の初詣に伏見稲荷大社での基本作法!

これで恥ずかしくない!京都の初詣に伏見稲荷大社での基本作法!

目安時間約 5分

年も明けて、1月1日には初詣に行きますよね。

氏神様でも良いのですが関西圏の方は足を延ばして京都の伏見稲荷大社に行ってみてはいかがですか?
私は関西圏に住んでいるのでよく近くを通りますが素敵なところですよ。

そこで、伏見稲荷大社での基本作法や格好、神様へのご挨拶などどのようにするか紹介していきたいと思います。

まず見直すのは服装!?神様への挨拶へ恥ずかしくない格好とは?

初詣は多くの人にとって年が明けてから初めてのお出かけになることが多いですよね?

神様、仏様への年が明けてからの挨拶をすると考えると服装も気を使わなければなりません。
初詣に行く際人が混雑している場合があるのでマスクなどウイルスから身を守るものを持って行ったほうが良いでしょう。

受験や資格試験を控えている方も多く参拝しますので。
そして、肝心の服装ですが参拝の直前にはコートやマフラー、帽子などをとっておきましょう。

寒いですけど人が大勢いるところはあたたかいというより暑いと思いますよ。
混雑している時にコートを脱いだりするのは難しいですが帽子くらいはとりましょう。

また、お正月ということもありこれを機会に着物を着るのも良いですね。
しかし、人ごみにもみくちゃにされて着崩れするといけないので着物を着せる事ができる人が一緒だと安心ですね。

小物は磨いておく!?その理由とは?

年が改まると何もかも新しく改めたくなるのが日本人の性質のようです。

衣類や(もちろん小物も)新しくしたり磨いたりするという考え方があるようです。
それがお正月の楽しみですから年をとっても何か新しいものを身につけるといいですね。

考えてみれば、新しい年に新たな気持ちでお参りする際に、古いものではなく新しいものを身に着けるのは、理にかなっていますよね。

スポンサードリンク

京都の伏見稲荷大社での新年のご挨拶作法基本!

では、伏見稲荷大社での基本の挨拶を紹介したいと思います。

1、 鳥居をくぐる前に神前に向かって軽く会釈をしましょう。
鳥居は神社の入り口。そこからは神の領域ですから敬意を示しましょう。

2、 参道は真ん中を避けて端を通りましょう。
参堂の中央は神様が通る道とされ、人が通ってはいけません。

3、 楼門(ろうもん)の手舎水(てみずしゃ)で手と口を清めましょう。
お参りの前に自分の身の汚れ、考えの汚れを落とすことが大切です。

4、 本殿前で鈴を鳴らしお賽銭を入れた後、「2拝2拍1拝」の拝礼を行います。
頭を深く2回下げ、2回拍手、最後にもいう一度深く頭を下げましょう。

混雑しているときは真ん中を避けてとか言っていられないかもしれませんが知っておくべきですよね。

初詣はいついく?

昔は「除夜詣」と「元旦詣」とあったようですが「元旦詣」が現在の初詣の原型といわれていて明治中期ごろから習慣になったようです。

大晦日の除夜の鐘をきいてそれから改めて参拝する「二年詣り」の形もあったようです。
現在は両方行う初詣をテレビ中継などで見ることができますね。

しかし、最近の家庭では元旦には朝ゆっくり起きておせちを家族で食べる、という形がオーソドックスのような気がします。
お寺や神社への参拝では各々の参拝形式にしたがってお参りします。

「お守り、破魔矢、熊手」などを買ったり絵馬に願い事や目標を示したり、今年1年が良い年であることを祈願します。
御寺でも、神社でも構わないのは明治初期の神仏分離以前の考え方であった「神道と仏教や祖霊信仰の一体化・神仏習合」一般化によるものだそうです。

また、初詣には期間も特定されていないので3が日以外の1月中でも初詣と考えられるといわれています。

一般的には松の内(門松が飾っている間)に参拝することが多いようですが新年のあいさつを交わしたり年賀状のやり取りをすることと同様に考えられているのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近は初詣の着物女子もあまり見なくなりちょっと寂しいです。
また、三が日もいつも通り生活していく中で初詣を組み込んではいかがでしょうか?

伏見稲荷大社の基本情報や周辺観光スポットはこちら【楽天たびノート】

スポンサードリンク

  -    - 初詣  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報