飛行機で化粧水が漏れる原因は?液漏れ対策は?機内持ち込みはサンプルでも良い?

旅行・観光

海外旅行に行く時、国内旅行に行く時、どちらもお肌のお手入れは通常通りかもしくは天候によりいつもより念入りにしたいですよね。

だからスキンケア用品はどこに行くのだって必須アイテムのはず。
でも飛行機に乗ったら荷物の中で液漏れしてる!なんてこともあるのではないでしょうか。

これじゃあ旅行中のスキンケアができない!とバタバタ現地で新しく買い直したりすることもありますよね?
そうならない為に液漏れしない対策方法をご紹介します。

そもそも液漏れの原因がなんなのか、どんな液漏れ対策があるのか、機内持ち込みで化粧品サンプルはありなのかなどについてお伝えしていきますね。
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

飛行機で化粧水が漏れる原因って何?

そもそもなぜ飛行機に乗ったときに化粧水などが液漏れするのでしょうか。

よく聞くのが
『気圧の変化の関係でフタが開いて液漏れしてしまう』
という理由です。

でもこれって実は間違いというか、あまりないことなんですよ。

飛行機内の圧力はだいたい750hpa以上です。
それに対して外の気圧は160hpaです。

これくらいの気圧の変化では化粧水の容器のフタが開いてしまうことはまずありません。

じゃあなんで液漏れするのかというと、ほとんどの理由が空港での荷物の運びいれのときに乱雑に扱われてその衝撃で液漏れしてしまうのです。

スーツケースが投げられたりぶつかったりした衝撃や中身が衝撃により押しつぶされたりすることが多くの原因なのだとか。
空港で預けたときは付いていなかった傷や凹みが受け取ったときにはついていたりなんてことたまにありますよね?

日本の航空会社の丁寧な荷物の取り扱いが世界中から注目されたことがありましたね。
日本人からすると荷物を丁寧に扱うのは当たり前なのでは?と思いがちですが、日本でも大手航空会社や一部の航空会社のみでのことのようです。

ある航空会社で働く人によると、荷物を投げ飛ばしたり蹴飛ばしたりはよくあることのようでそんなのは日常茶飯事なんだとか。
何百個も同じような荷物を、ましてや人のものだったらそのような扱いになってしまうのかもしれませんね。

でもだからといって荷物の液漏れが許されるわけではないので、自分たちでなんとか対策して衝撃にも耐えられるような準備をしましょう!

飛行機の乗る際に出来る化粧品の液漏れ対策は?

まずはビンに入った化粧水をお使いの方は、なるべくプラスチック製の容器に入れ替えましょう。

ビンだと荷物の重さにも影響がでますし何より衝撃には弱いので液漏れどころか割れて粉々…なんてこともあるかもしれません。

プラスチック製の容器に入れるときにもう一つ注意したいのがフタの形状です。
パチンとしまるタイプのものだとやはり衝撃で開きやすいのと、いくら気圧の変化では開きにくいといえこのタイプのものだと気圧の変化の影響を受けやすいです。

出来ればクルクルと回して開けるタイプのものを選んで詰め替えた方がいいです。
今は100円均一や薬局などでも安くて頑丈なものが売られているので用意しやすいですね。

入れた後のコツとして、このときに容器に空気が入り込んでいるとフタが開く原因になるかもしれないので、容器が少し凹むくらい空気を抜いてフタを閉めましょう。

ジップロックに入れる

次の対策はジップロックに入れることです。

多くの方が実践しているかもしれませんが、ジップロックに入れることで多少液漏れしても周りの衣服などの荷物にはつかないので、やはり安心感がありますね。
二重にして入れるとより安心です。

 

空気を抜いてぐるぐる巻いてもいいですし、空気をパンパンにしていれてエアバッグの様にしてもいいです。
しかしパンパンにした場合は、衝撃で封が開くかもしれないので注意してください。

空気を抜いてぐるぐる巻きにした場合はそれの上からエアパッキンを巻いて保護すると安心です。

エアパッキンとはみなさんプチプチという呼び方でお馴染みのあれです。
よく荷物の梱包のときに保護する目的で使われていますよね。

気圧の変化のせいではなく衝撃で液漏れするならこれくらい保護するともちろん衝撃を受けても液漏れするに至らなくなるのではないでしょうか。

さらに!これを荷物の衣服に包んだり靴下の中に入れたりするとより衝撃に耐えられて液漏れしにくくなりますよ!
なので出来るだけスーツケースの中身をパンパンに詰めて、その中に埋もれるように化粧水などを入れることをおすすめします。

スカスカだとせっかく化粧水のボトル自体を保護したとしても少しの衝撃で他の荷物とぶつかってしまったりスーツケースの中で転がってしまったりの衝撃で液漏れするかもしれません。

荷物の重量制限を超えない程度に荷物が詰まっていた方が液漏れ対策としては万全です。

試供品などのパウチタイプのものを持っていく

または、そんなに旅行の期間が長くないのであれば試供品などのパウチに入ったタイプのものを持っていくと安心です。

これも持っていくときは念のためにジップロックなどの密閉できる袋に入れておくといいです。
荷物も減るので一石二鳥ですね。

スポンサードリンク

手荷物として持ち込む

それでもやっぱりどうしても不安な場合は手荷物として機内に持っていくというのも1つの手です。
ただし機内に持ち込むには規約があるので気をつけてください。

国際線の場合は、機内に液体のものを持ち込む場合(ジェル状など水分が入っているものも含む)は100ml以下の容器に入れてその容器を1L以下のプラスチック袋(ジップロックなど)
に入れることが条件となっています。

このとき100ml以上の容器に100ml以下の液体が入っているものは持ち込めないので、容器の容量をよく確認してから詰め替えるようにしてくださいね。
国内線の場合は1容器あたり500ml以下、1人あたり2Lまでとされています。

手荷物で持ち込むときはこれらの規約を守って持ち込むようにしましょう。

機内持ち込みはサンプルの化粧水でもOK?破裂しない?!

長時間のフライトだと機内でも保湿をしたりとスキンケア用品が必要になることがあります。

先ほどのようにボトル容器を持ち込むのも1つの手ですがかさばるし邪魔!
という人は化粧水のサンプルでもらうパウチのものの持ち込みも考えますよね。

中身が見えないといけないのかなー?
とか色々考えてしまいがちですが、先ほど書いた100ml以下の容器に入れてその容器を1L以下のプラスチック袋(ジップロックなど)に入れることが条件を守っていれば持ち込めるので安心してください。

化粧水のサンプルで100mlよりもたくさん入っているものって中々ないのでもらう化粧水サンプルは持ち込んでもOKです。

破裂などを心配する方もいますが、気圧の変化に耐えられるように外の気圧と機内の気圧で変化が少なくなるようにちゃんと与圧されているので大丈夫です。

出来れば手荷物は最小限にして機内ではスマートに過ごしたいところ。

サンプルの化粧水などを使って荷物がかさばるのを防ぎましょうね。

まとめ

スーツケースに入れる場合も機内に持ち込む場合もちゃんと対策をすることで液漏れは防ぐことができます。

液漏れを防いで大切な荷物もプルプルのお肌も守れるようにしましょうね。

こちらの記事もおすすめです。
→ プチプラコスメでおすすめのファンデやブランドは?!通販でも買える?

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。