Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » お花見 » 時之栖で花見風呂を満喫♪桜の見頃は?楽しむためには?

時之栖で花見風呂を満喫♪桜の見頃は?楽しむためには?

目安時間約 6分

日頃の疲れを癒すため、非日常を味わいたい!と温泉でゆっくりしたいものですよね。
最近では、スーパー銭湯や温泉でも変わり風呂というのが多くなっています。

静岡県にある御殿場高原時之栖にはお花見をしながら、お風呂に入れるというのですがどんなものなのか詳しく見てみましょう!

今回は時之栖にあるお風呂の詳細や桜の見ごろの時期、アクセス方法についてご紹介したいと思います。

時之栖で花見風呂を満喫する

時之栖には、何種類かの温泉施設があります。
日帰り可能な温泉と宿泊者専用の温泉があるので下調べしておきましょう!

<気楽坊>

大浴場や露天風呂、いろいろな効能のあるお風呂が揃っていて友達同士や子連れのファミリーにもおすすめです。
男女合わせて14種類あるお風呂には炭酸泉や薬草泉、死海の塩のお風呂などもありついつい長風呂してしまいそうです。

また、こちらには「貸し切り露天風呂」もあり別途料金が必要ですが、家族だけで楽しみたいという場合には利用するのも良いですね。
利用条件などもあるので、要チェックです。

貸し切り露天風呂 天神之湯(てんじんのゆ)

貸出時間:12時~ 14時~ 16時~ 18時~ 20時~
各時間より1時間半 利用可能
料金:1時間半 3000円

<茶目湯殿>

大人だけのゆったりとした時間を過ごしたいのならこちらの露天風呂がおススメです。

茶目湯殿では、18歳未満は入館出来ないようになっているのでゆっくりと過ごす事ができます。
また、こちらの露天風呂ではお天気が良いと富士山を見られるということもあり人気があります。

<林檎の湯>

ここは宿泊の方専用のお風呂です。

名前の通り、露天風呂には林檎が浮かべられていて露天風呂と洗い場、サウナのみというかなりこじんまりした施設ですが気持ちの良い露天風呂と林檎の良い香りに包まれながらゆっくり癒されることでしょう。

<柚子の湯>

こちらも宿泊の方専用のお風呂です。

林檎の湯と同様に、こじんまりした作りでこちらには露天風呂はありません。
女性用のお風呂は、最近リニューアルしたようでキレイですよ。

時之栖で花見風呂を満喫 桜の見頃は?

時之栖は静岡の御殿場という場所にあるので平地よりも少々気温が低いために桜の開花が通常よりも少し遅くなる場合があります。

2017年には3月に入ってから公式サイトにて桜の開花が発表されています。

どのお風呂に入れば桜が見えるの?と思いますが時之栖では、施設を囲むように道路沿いに桜並木があるので比較的高い場所である「茶目湯殿」からなら確実に見る事が出来ます!

開花情報に関しては、公式サイトを参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

時之栖で花見風呂を満喫 楽しむためには?

私は「時之栖」というのを初めて聞いたのですが、首都圏の方たちからするとかなり有名な場所です…。

公式サイトでも3月1日から6月の宿泊予約を開始しますと告知されています。
3カ月も先だけど??と思いますが3カ月前からの予約であってもあっという間に予約が埋まってしまうようなので公式サイトをマメにチェックしたほうが良いでしょう。

宿泊はしないで、温泉だけで充分というのならやはり狙い目は平日でしょう。
あまり人が多すぎると、落ち着かないですよね。

連休などを避けて、平日に訪れるのがゆっくりと花見風呂を楽しむコツですよ。

<交通アクセス>

時之栖へのアクセス方法もしっかりチェックしておきましょう。

車でのアクセスは

東京方面からは東名高速御殿場I.Cから約25分もしくは裾野I.Cから約10分

名古屋方面からは東名高速道路裾野I.Cから約10分

駐車場は無料で2,200台完備しているので安心して車で行けますよ。

公共交通機関を利用する場合

時之栖の最寄り駅はJR御殿場線岩波駅で、駅からはタクシーで5分です。

  • 新宿駅から小田急ロマンスカーで御殿場駅、JR御殿場線に乗り換えて岩波駅
  • 東京駅、名古屋駅からは東海道新幹線で三島駅下車JR東海道本線に乗り換えて沼津駅からJR御殿場線に乗り換え岩波駅

新幹線利用でもロマンスカー利用でも所要時間は約2時間ぐらい見て置けばOKです。

期間限定5/13~3/31までは駅から無料のシャトルバスが出ています。
三島駅、御殿場駅、裾野駅と時之栖を結ぶシャトルバスです。無料なので期間中であればシャトルバスを利用してみると良いですね。

まとめ

今回は時之栖の「温泉」をメインにしましたが施設内には子供から大人まで楽しめるアクティビティもあり、近隣施設などもあるので1日楽しむことができます。

時期に合わせたイベントなども開催しているのでぜひ行く際には確認しておくとより楽しめるのではないでしょうか。

お風呂かあお花見ができるなんて場所もそうはないですから行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

  -   - お花見  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報