Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » 旅行・観光 » ラグナシアのプールはタトゥーありでも良い?ラッシュガードやテーピングで隠す?

ラグナシアのプールはタトゥーありでも良い?ラッシュガードやテーピングで隠す?

目安時間約 6分

最近は海外のスポーツ選手や芸能人がタトゥーを入れているのをTVなどでよく見かけますよね。
そういった影響もあるのか、一般の方でもタトゥーを入れてる人が多くなってる気がします。

「かっこいいから」「オシャレだから」「ファッションの一部として」などなど…いろんな理由はあるかと思いますし、誰にも迷惑かけてる訳でもないし、個人的にはいいと思うのですが。

そんなタトゥーを入れている方が困るのは夏のプールの時期ではないでしょうか。
そこで今回はラグナシアのプールはタトゥーOKか?についてご紹介していきます。

ラッシュガードやテーピング等で隠すなんて方法もあるにはありますが、ばれると退場となるので自己責任でとなりますが参考にしてみてください。

ラグナシアのプールはタトゥーあっても入れる?

結果は入れません!!!
ラグナシア公式ホームページのよくあるご質問Q&Aでも

Q:刺青やタトゥーが入っていても入場できますか?
A:ご入場いただけません。

とはっきり書いています。

何かで隠していただければとか見えなければOK。などの言葉もないので、タトゥーが入ってる時点でアウトな感じがします。
結構厳しいですね…。

ただ抜け道もあるようなのでご紹介していきますね。(※自己責任にてお願いします)

ラグナシアでラッシュガードを着たままでも泳げる?

こちらは泳げます!
公式ホームページのQ&Aでは

Q:服を着たまま泳ぐことはできますか?
A:着衣での遊泳は、事故防止のため、ご遠慮ください。
Tシャツ(もしくは同程度のもの)やラッシュガードであれば問題ありません。
(どなたでもOKです) 帽子類も着用のまま水に入っていただいても結構です。
衣類の形状や帽子によってはウォータースライダー利用時等にお脱ぎいただく場合もございます。

となっているのでラッシュガードで隠せる部分のタトゥーであれば何も気にせずプールを楽しめます。

ただ、薄い色のTシャツやラッシュガードの場合タトゥーが透ける可能性もあり、バレた場合は即退場になりますのでそこは自己責任ということで。

あと、短パン着用もOKなので太ももにタトゥーがあってもギリギリ隠せそうですが、ふくらはぎや足首にタトゥーがある人はレギンス的なものがOKなのか問い合わせしてみてください。

問い合わせ先: 0533-58-2700 (受付時間9:00~17:30)

スポンサードリンク

タトゥーをテーピングで隠す方法は?プールに入っても透けないの?

まずテーピングで隠す前に、ラグナシアのプールでテーピングはOKか?の確認ですが

Q:ギプスをしていますが入水できますか?
A:ギプスを付けたままのご入水はご遠慮いただいてます。
水につからない程度の軽度な水遊びであれば結構です。
テーピングについてはご入水いただけます。

とのことです。

テーピングでタトゥーを隠す方法とは?!

テーピングOKを確認したところで、テーピングで隠す方法です。

スポーツ用としての肌色のテーピング「キネシオロジーテープ」は伸縮性があり汗や水にも強いのでいいと思いますが、テーピング自体が薄いので何重にもまかないと透けてしまう恐れがあります。

ただ、タトゥーを隠すためだけに買うにはちょっと量も多いし値段もまあまあするのが痛いところですかね。

参考値段
幅25mm×長さ5m 518円
幅37.5mm×長さ5m 778円
幅50mm×長さ5m 1037円
店舗によって違いはあるかと思います。

もう一つ、ファンデーションテープというものがあります。

薄い肌色のテープで薄さ0.02mなんですが結構濃いめなタトゥーも貼るだけで隠せるんです!
そして防水性がたかく貼ったままプールやなんと温泉にも入れるんですって。

重ね貼りも出来るので1枚じゃちょっと心配な人でも安心じゃないですかね。

大きさも絆創膏くらいの、湿布くらいの、それよりも少し大きめなものと選べるみたいですし、色も4種類あるので自分の肌の色に合ったものを選べるのでおすすめです。

どちらも肌に直接貼るので肌が弱い人はかぶれてしまうこともあるので気を付けてくださいね。

まとめ

今回色々調べてみて、タトゥーを入れているとプールや温泉に行くのが結構大変なことなんだなぁと感じました。

私個人的には特に何も思わないのですが、公共の場は多くの人が利用するためになかなかルールが厳しいようですね。

ワンポイントタトゥーなんかはおしゃれで入れている人も結構増えているけど、それをOKってするとどこまでなら良いのか?なんて議論になるので全面禁止とかなんでしょうね。

しかし、隠す方法も結構あるのでこの夏は諦めずにプールへ出かけてみてください!

参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク

  -   - 旅行・観光  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報