ひな祭りには子供も甘酒って飲めるの?種類や飲む理由も…

ひな祭り

ひな祭りがもうすぐやってきますね!
女の子のいるご家庭では欠かせない行事ではないでしょうか?

雛人形を飾って、ひな祭りの行事食を食べながら白酒や甘酒を飲む過ごし方が多いと思います。

今回は、ひな祭りには欠かせない、白酒や甘酒の理由や種類について紹介したいと思います!

スポンサードリンク

甘酒はいつごろから飲ませていいの?

子供には、いつから飲ませていいのか気になりますよね?

一般的には1歳からと言われています。

もちろん、酒粕が使われていないご飯と米麹が原料の甘酒を選ぶ必要があります。

ご飯と米麹だけで作った甘酒は、子供の体への負担も少なくて、消化吸収がいいです。

飲ませる前に、親が味見をしてみて濃ゆすぎるとか、甘みが強すぎるなんて時は、お湯で薄めてあげるといいと思います!

もし、それでも飲ませるのが不安な場合は無理に飲ませなくてもいいと思いますよ〜。

不安になりながら飲ませても楽しくありませんからね。(涙)

もう少し大きくなるのを待って、もう大丈夫、と思うまで違う飲み物で対応してもいいと思います。

甘酒には2種類あるって知ってる?!

ひな祭りで親しまれている甘酒には、2種類あるんですよ。

甘酒にはアルコールが入ってないものと入っているものの2種類があるので、もし子供に飲ませるには注意が必要です。

1つ目は酒粕を使うタイプで、アルコールが少し入っているものです。

これには、さらに2種類にわけられます。表記を見るとわかるのですが、酒粕を煮詰めたものに、砂糖が入っているものと、酒粕を煮詰めてから米と麹ので甘くするタイプがあります。

これらの酒粕が入っているものは、アルコールが少し含まれているので、子供に飲ませないように注意が要ります。

2つ目は、酒粕なしのご飯と米麹のみのもので、ノンアルコールの甘酒です。

子供が飲むならこちらのタイプを選びましょう!

買う時には、酒粕が使われているかいないか確認しましょう。

大人が飲むにはちょっと物足りないかもしれないので、大人用と子供用の2種類用意してもいいかもしれませんね♪

スポンサードリンク

ひな祭りに甘酒を飲む理由

ひなまつりにお酒を飲むのにはちゃんとした理由があります。

もともとひな祭りは、性別関係なく邪気を払うための季節の行事だったんです。

実はお酒を飲むようになったのは、ある伝説があります。

昔、大蛇を宿した女性が3月3日に白酒を飲んだことで、大蛇を無事体内から出す事が出来たのだそうです。

この伝説から、体内に悪い事が宿らないようにと厄除けや厄払いの願いを込め、身の穢れを洗い流すためにお酒が飲まれるようになった、と言われています。

このように、厄払いの願いを込めてひな祭りに白酒を飲むようになりました。

でも、白酒にはアルコールが入っているので子供は飲む事が出来ません。

そこで、子供でも飲めるようにアルコールが入ってない白い甘酒を用意するようになったことが、甘酒をひな祭りで飲むようになった理由です。

甘酒が飲まれるようになった理由は、もう一つあります。

白酒はできるまで時間がかかりるのですが、甘酒は1日でできる〝一夜酒〟と言われ、1日でできるため、親しまれてきたのです。

白酒や甘酒は麹や酒粕から作られていて、飲む事で新陳代謝が上がったり、ビタミンなどの栄養も豊富なので、美容や健康にもいいと言われています。

甘酒は子供だけでなく、女性にも嬉しい飲み物だといえます。

美味しい上に、綺麗になれるので、最近はひな祭り以外にも美容ドリンクとして飲む人が多いんです。

まとめ

ひな祭りに甘酒を飲む理由や種類について紹介しました!

ちゃんと意味を理解して飲んだらまた気分が違っていいですよね。

甘酒の種類についても、子供のために甘酒を選ぶ時の参考にしてみてくださいね!

子供と一緒に、楽しいひな祭りをお祝いして過ごしてくださいね♪

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。