Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » クリスマス » どこを選べばいい?クリスマスにオススメのコンビニチキン

どこを選べばいい?クリスマスにオススメのコンビニチキン

目安時間約 5分

クリスマスにチキンをコンビニで予約する人が増えています。

凝った家庭では、自分でローストチキンを作る人もいますが、手間がかかり失敗することもあり、日本ではコンビニやスーパーで購入する家庭がほとんどです。

なかでもコンビニは手軽で安くチキンが買えることで、人気があります。事前に予約しておけば、確実に購入できます。

今回はコンビニチキンについてご紹介していきたいと思います。

コンビニのクリスマスチキンは予約はできるの?

もちろん、コンビニでもクリスマスのチキンを予約することができます。コンビニでは普段からチキン料理を売っていますが、クリスマスには特別のメニューを用意して予約をとっています。

クリスマスの当日は早く売り切れることもあるので、早めに予約しておくのがいいでしょう。

コンビニの予約は、店頭でもネットでもできます。
クリスマスチキンの予約はケンタッキー・フライド・チキンに人気が集まっていますが、コンビニは手軽で安いのが特徴です。

どこのコンビニチキンが1番おいしい?口コミは?

どこのコンビニでもクリスマスチキンを扱っていますが、中でも評判がいいのはセブンイレブンです。ある口コミサイトでもランキング1位になっています。

セブンイレブンのクリスマスチキンは、種類も豊富で味も本格的で美味しいことで人気があります。
セブンイレブンのクリスマスチキンでは、ネットまたは店頭で予約してお取り寄せするものと店内で調理するのとの、二つのタイプを数種類用意しています。

家族の人数や食欲に合わせて選べるようになっているのです。

どちらも販売期間は、12月20日から25日までとなっていますが、もちろん予約はそれ以前から可能です。ネットで予約するにはセブンミールの会員登録が必要になりますが、店頭ではカタログからの予約が可能です。

スポンサードリンク

必見!冷めたチキンを美味しく温め直すコツ

電子レンジを使うのが最も時間がかからず、中心までしっかりと温まります。

クリスマスチキンにアルミホイルが付いていると、電子レンジの中で火花が散るので必ず外すようにします。
温める時間は、チキンの大きさによって違うのでお店で確認するようにします。

オーブントースターで温めると、電子レンジよりもパリッと仕上がります。

この場合は弱火でじっくりと温めるのがコツです。火加減を間違えると外側だけ焦げて、中まで火が通らないことがあるので、何度も確認することが必要です。

オーブンに「フライ温め機能」がついていると、簡単にパリッと温められます。しかし、約15分くらいかかるため、お急ぎの方には向きません。

なにも道具が無ければ、フライパンでも温められます。

ただしチキンをそのままフライパンにのせるではなく、アルミホイルを巻いたまま弱火でじっくりと焼くようにします。

魚焼きグリルをつかった温め方もあります。

魚の匂いさえ気にならなければ、おすすめの方法です。網の上でチキンがバラバラにならないように、下にアルミホイルを敷き上にもアルミホイルをかぶせて、弱火でじっくりと焼きます。中まで火が通ったところでアルミホイルを外して、少し強火で焼けばアブラが飛んでパリパリに仕上がります。

電子レンジとオーブントースターを併用すると、パリパリで簡単に中まで温まります

まずチキンを電子レンジで中心まで温めて、次にオーブントースターにクッキングシートを敷き、その上にチキンを乗せて1000ワットくらいで3分から4分温めます。その後2分から3分くらい追加しながら焼いてゆきます。この時に焼き過ぎると外側が焦げてしまうので注意します。

クリスマスチキンを美味しく温めるコツはたったの二つです。

最初は弱火で中まであたため最後は強めで焼き、焦げないように気をつけることだけです。

まとめ

クリスマスを家庭で過ごす人が多くなり、御馳走を食べる習慣が日本でも一般的なものになりました。その際に、クリスマスチキンは欠かせないメニューです。コンビニでも簡単に本格的なローストチキンが買えるようになり、温め方のコツさえつかめば豪華な夕食になります。ぜひともチャレンジしてみましょう。」

スポンサードリンク
  - クリスマス  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報