ラグビーの試合時間やロスタイムは?観戦で知っておきたいルールは?

スポーツ

2019年ラグビーワールドカップがアジアで初めて、しかも日本で開催されることが大きなニュースになりましたよね?

テレビではなかなか見ることができないラグビーについて、あなたはどのくらい知っていますか?

なんとなくの知識はあるけどよくわからない、、、
ルールが難しそう、、、
そう思っている人も少なくないと思います。

せっかくラグビーワールドカップが日本で開催される今こそ、ラグビーについて詳しくなりませんか?
ラグビーについて詳しくなってから見ると、とても面白いスポーツですよ!

今回はそんなラグビーについてご紹介します。

スポンサードリンク

ラグビーの試合時間って何分?延長もある?

ラグビーの試合時間はサッカーと同じように、前半と後半に分かれています。

前半40分、後半40分の合計80分間試合は行われます。

ラグビーは非常に点数が入りやすいスポーツのため、80分間のプレーで同点になることは少ないです。
しかし、80分間が終わっても同点の場合は10分+10分の20分間の延長戦が行われます。

高校ラグビーでは、試合終了時点で同点の時に抽選で結果を決定するルールになっています。
高校のラグビーを見たことがある人はこのことから、ラグビーには延長戦がないように思えます。

しかしラグビーワールドカップでは延長戦は行われます。
高校ラグビーの場合は試合日程などの問題で延長戦は行わない決まりなのです。

さらにラグビーワールドカップでは、延長戦でも決着がつかない場合は10分間のサドンデス方式で決着をつけます。
これは10分間で先に点を取ったチームが勝利する、というものです。

それでも決着がつかない場合は、サッカーのPKのようにゴールキックの成功した本数によって決着をつけます。

世界大会のため、必ず勝敗がつけられるようになっているのですね!

ラグビーの試合時間にもロスタイムってあるの?

ラグビーの試合時間にもサッカーと同じように、ロスタイムが存在します。

選手が負傷したり、一時的に治療をするために試合から離れた場合に審判が1分間試合を止めることができます。

そのような試合とは関係なく経過してしまった時間の分だけ、ロスタイムとして追加されます。

ロスタイムは前半、後半の40分立った後にそれぞれ行われます。

もしもロスタイムがなければ、優勢なチームが故意的に無駄な時間を稼げてしまいます。
公平な試合を行うためにはロスタイムが非常に大事になってきます。

決められている80分間を、すべてプレーをしている時間にするためのルールだと思えばわかりやすいかもしれません。



ラグビー観戦時に知っておきたい基本ルールは?

あなたは日本で行われるラグビーワールドカップをご覧になりますか?
なかなかない機会だと思うのでぜひ見て頂きたいです!

でもルールがわからないと観てもよくわかりませんよね?
そこで基本的なルールをご紹介します。

まずラグビーには7人制や13人制のものがありますが、日本では15人制が一般的です。
今回の日本ラグビーワールドカップでも15人制で行われます。

ラグビーで得点する方法

ラグビーで得点をする方法はいくつかあります。

トライ(5点)

1つ目はトライ(5点)です。

ボールを相手のゴールラインと言われるラインの向こう側に持ち込み地面につける。
またはそのラインを超えた場所に入ったボールを抑え込むことで、トライとなります。

ゴール(2点)

2つめはゴール(2点)です。
トライが成功したときに、決められた場所からキックをして、ボールをゴールポスト間でクロスバーの上を通過したときに得点となります。

ラグビーの試合で見られるHの形をした棒の上の部分にボールを通すということです!

ペナルティーゴール(3点)

3つ目はペナルティーゴール(3点)です。

相手が反則をしたときに行われるゴールだと思ってください。

ドロップゴール(3点)

4つ目はドロップゴール(3点)です。
プレー中にボールをワンバウンドさせることで行う「ドロップキック」によってゴールをすることで得点となります。

得点をする方法が複数あり、それぞれ入る点数も違うのでわかりにくいかもしれません、、、

しかし基本的にはボールを相手の陣地まで運んでトライをするか、すきをついてボールをけってポールの間に通すか。
この二つだと思えばわかりやすくないですか?

選手はこうやって得点をするためにパスを回したり、相手のボールを奪ったりするのです。

そのパスについてですが、ラグビーでは自分より前にいる選手にパスを出してはいけません。
横か後ろの選手にしかパスを出せないのです。

これはほかのスポーツと大きく異なるルールかもしれませんね。
前には出せないパスでどうやって相手の陣地までボールを運ぶのか。
この辺りを意識してみるととても面白いスポーツですよ!

細かい用語はありますが、まずはこのことだけを理解すれば、十分ラグビーの試合を楽しめると思います!

ラグビーの試合はなかなかテレビで中継されないんですよね^^;
でもでも、DAZNならラグビーの試合も楽しめちゃいますよ( ´艸`)
⇒ 【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!
※ただしワールドカップ2019は放送されないのでご注意を!

まとめ

ラグビーについて基本的なことはわかっていただけましたか?

知らないスポーツを見ると聞いたことのない用語がたくさんあったりして、見るのがいやになることがあると思います。

でも私はそもそもスポーツを見るだけなら、細かいルールまで覚える必要はないと思います。

基本的なことを知っているだけで楽しめるのが、スポーツのいいところです!

細かいところは気にせず目の前の試合を自分なりに楽しむ。
これがスポーツ観戦の醍醐味です!

せっかくラグビーワールドカップを日本で見られるチャンスです!
試合を見に行ったり、せめてテレビなどの中継で見てみてください。

その時には、自分なりの楽しみ方を見つけて観戦してくださいね!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。