長島のプールって持ち込みはできる?必要な持ち物や荷物はどう保管する?

旅行・観光

春休みが終わって新学期が始まるなぁなんて思ってたら、もうすぐ夏休みがやってきますね。

旅行に行きたいけどそこまでは、ちょっと厳しいかなっておもってる方も多いと思います。家族でいろんな所に行きたいけど、いざ行くとなると事前の準備が大切になりますよね。

そこで、今回は手軽にいける長島スパーランドについてご紹介します。

長島スパーランドのプールって飲食物の持ち込みはできるのか。プールにいくなら持っていった方が良い物。荷物の保管や日陰の場所など、お出かけする前に再度確認です!

スポンサードリンク

長島スパーランドのプールって飲食物は持ち込みできるの?

長島スパーランドは、基本は飲食物、クーラーボックスの持込みは禁止とされています。

夏は暑いので、お弁当などは傷みやすく食中毒の危険性に配慮して禁止されてます。クーラーボックスは、万が一災害が起きて避難する際に、避難経路の邪魔になるから禁止されています。

飲み物は昔は禁止だったみたいですが、最近は熱中症対策として持ち込んでも大丈夫になってきています。ただ、なるべくゴミが出ない様に、水筒などに入れて持っていった方が良いと思います。

でも、実際はおにぎりやお菓子などこっそりと持ち込んでいる人も多いです。もちろん、あけっぴれろげに堂々と持ち込んでるわけではないですけど。

最低限のマナーを守って散らかしたりしなければ、そこまできつく言われる事もないです。

また、食物アレルギーの子供用や離乳食は、食べ物だとしても持ち込みが良しとされています。

見つかって注意を受ける場合もあるもしれませんが自己責任で、事前に飲み物とちょっとした食べ物なら用意しておいても問題なさそうです。

その際の、ゴミはきちんと持ち帰りましょう。マナーが悪いと、規則がもっと厳しくなってしまいますからね。

食べ物を持ち込めないとなると、そこで困るのはどこでごはんを食べれば良いか迷いますよね。

ナガシマスパーランドにはフードコートは、7ヶ所あります。
その中でも、きちんとした食事が出来るレストラン的な場所は、4ヶ所です。

その他は、ポテトやホッドトッグやチキンなどの揚げ物類や軽食が販売されている売店になります。
レストランとは言っても売っているのは、ラーメンやうどんやカレーなど手軽に空腹を満たすものとなっています。

プールでの食事なので、このくらい軽く食べられれば良いですよね。

長島のプールに行くなら持っていきたい持ち物はコレ!

必ず持っていくのは、水着、タオル、ビーチサンダル、レジャーシート、日焼け止め、浮き輪、お金

水着、タオル、浮き輪は売店で売ってますが普通に買うより少し高めなので、事前に準備していった方が良いです。

レンタルはしていないですから忘れずに。プールサイドは、コンクリートになってます。その為、素足で歩くのは辛いのでビーチサンダルが必要です。

レジャーシートは休憩所で休憩したり、荷物を置いておく時に敷くのに必要になります。

プールなら日焼けしないかと思いきや結構、反射光などで焼けます。焼きたくないなら、日焼け止めも必ず持っていきましょう。

お金は、大金は必要ないので小銭入れに少し入れて持ち歩けば安全です。大きなお金はコインロッカーに入れておいて、必要になったらコインロッカーまで取りに戻って使う様にして下さい。コインロッカーは開け閉め自由です。

  • 浮き輪は、ふくらますタイプなら持ち込みは大丈夫です。
  • 長さが50cm以上あるボードは、持ち込み使用も禁止されてます。

ちなみに、浮き輪をふくらましてこなくてもプール内に、無料でふくらませる機械があるので利用して下さい。

後は、帽子やサングラスや羽織りものなど日除けにあった方が良い物もあります。あんまり、大荷物になっても場所をとるので良く考えて最小限にとどめておきましょう。

スポンサードリンク

長島のプールでの荷物の保管はどうする?日陰は確保できる?

まず、プール内に入ったら更衣室に行きます。場所は、入口からすぐ右に更衣室及びコインロッカーがあります。

そこで、まず水着に着替えて遊ぶのに必要ない物はロッカーに入れておきます。鍵を返すまでは何回も出し入れ自由なので、しばらく使わない物なら入れておいた方が失くしたりしなくて安心です。

コインロッカーの料金は400円で、鍵を返却すれば100円が戻ってきます。お菓子とか飲み物があれば、なるべくわからない様に鞄に入れておきましょう。

長島スパーランドには、無料の休憩所が4ヶ所あります。

合わせて、約12000人が休憩できます。その休憩所にレジャーシートを敷いてそこに荷物を置いて遊びに行きます。

置いていくので、貴重品は持ち込まずにコインロッカーに入れておいた方が良いですね。無料休憩所がある場所には、日陰もあります。

やはり、日陰になる良い場所はみんな取りたいので混みます。なので、開園30分くらい前に着いておくと安心です。休憩スペースを確保しておけば1日中使えます。

休める場所があるっていうのは大きいと思いますよ。休憩する所がないからといって歩き回って探すと疲れてしまうので、気をつけて下さいね。

まとめ

海に行くのはちょっとためらいますが、プールなら気楽に行きたいですね。

せっかくの夏休みだから、夏らしい事もしたいですしね。プールに飽きたら遊園地を満喫するのもありですしね^^

長島スパーランドならではの、思い出をたくさん作りたいですね。

ナガシマスパーランド周辺の宿情報はこちら【楽天たびノート】

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。