三峰神社の混雑は1日以外は大丈夫?お守りの種類は?アクセス方法は?

旅行・観光

埼玉県秩父市にある三峰神社。とある占い師さんが『関東第一のパワースポット』とテレビで話したのをきっかけに有名になった神社です。

毎月1日は「白い氣守り」が有名でとても混雑します。でも関東一のパワースポットと言われると一度は行ってみたいですよね。

しかし、1日はどうしても混雑が予想されます。1日以外は大丈夫なのか、どんなお守りが売っているのか、神社までのアクセス方法を簡単にまとめてみました。

関東一のパワースポット行かない手はないですよ。ぜひ参考にしてみてください♪

スポンサードリンク

三峰神社の混雑は1日以外ならそれほどじゃない?

先ほども述べましたが三峰神社は毎月1日限定で手に入れることが出来る「白い氣守り」がとても有名です。

毎月1日は整理券を配布しているので朝早くから現地に向かう人が多いです。が…それ以外はそれほどの混雑はないので安心してくださいね。

1日の混雑の話を聞くと、パワースポット行ってみたいけど、どうしようってちょっと躊躇しちゃいますよね。

やはり皆「白の氣守り」が目当てな方が多いのでしょうね。
「白の氣守り」を目的とせず、お参りだけを目的とするのであれば1日を外していくのがおすすめです。

白色以外の「氣守り」は常時手に入れられますからね。

混雑は避けたいけどパワースポットの力を…なんて人は別の色の氣守りをGETしてみてはいかがでしょうか。

三峰神社のお守りの種類は?

三峰神社は、何度も言いますが関東第一のパワースポットと言われています。

そこに売っているお守りは大層ご利益があるように感じますよね。
ここでは三峰神社に売っているお守りを紹介したいと思います。

  • 氣のお守り…4色展開されています。色によってのご利益の違いはないです。
  • 白の氣守り…毎月1日に配布されます。とても込み合い、早朝から2~3時間並ぶ方もいます。
  • 縁結び守り…夫婦和合のご利益もあるので縁結びのお守りも人気です。

そのほか、健康守り・交通安全、学業守りなども売っています。
今はやりの御朱印帳もあり、御朱印は300円で書いてもらえます。

スポンサードリンク

三峰神社へのアクセス方法は?

車で行く場合は…

東京方面から向かうと関越自動車道・花園ICより国道140号線、皆野寄居バイパス経由で約2時間で行けます。

山梨方面から向かうと中央自動車道・甲府昭和ICより国道140号線、雁坂トンネル経由で約2時間半で行けます。皆野寄居バイパスと雁坂トンネルは有料道路になっています。

西部秩父駅発の西部観光バスも出ていますのでそちらを利用するのも便利ですよ。帰りも三峰神社からのバスが出ていますので安心ですね。

電車を利用する場合は…

池袋駅からの場合、西武鉄道・レッドアローで西武秩父駅まで1時間20分。三峰神社行きの急行バスで約1時間半

または御花畑から秩父鉄道に乗り換えて終点の三峰口駅へ、そこから西武バスで三峰神社へ行けます。

八王子駅からの場合、JR八高線で東飯能駅へ行き、東飯能駅から西武鉄道に乗り換え西武秩父駅へ。三峰神社行き急行バスか御花畑で秩父鉄道に乗り換えて終点の三峰口駅より西武バスで三峯神社へ行けます。

上野駅からの場合は、JR高崎線で熊谷駅へ行き熊谷駅から秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅へ、そこから西武バスに乗り換え終点の三峰神社に行けます。

アクセス方法はたくさんありますので、ご自分の行きやすい方法で行ってみてくださいね。
でも

まとめ

関東一のパワースポットである三峰神社。一度でいいから行ってみたいと思っている方は多いですよね。

毎月1日はとても混雑していますがその他の平日は混雑もしておらずスムーズに参拝に行けますよ。

三峰神社標高の高い山にあるので温かくなっても薄手のジャケットなどを持っていくと良いです。脱ぎ着出来る洋服で調整しましょう。

また山の天気は変わりやすいなんて言いますから折り畳みの傘も持っていくのをおすすっめします。急な雨にも対応できますよ。

パワースポット巡りを趣味としている人も多いでしょう。
白の氣守りを手に入れるのはとても大変かもしれませんが、大変だからこそ手に入れた時の嬉しさは凄いものになりそうですよね。

ぜひお参りに行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに元旦に行った友人は渋滞のまま車中泊で…だったんですって、でも無事にGET出来てめちゃめちゃ喜んでましたよ。

初めてで流石にびっくりしたって言ってましたが、慣れた人はしっかり食べ物や毛布を買いこんで車で待つ準備万端って感じだったそうですよ~!

元旦以外はここまでの混雑はないでしょうが念のため…(笑)

こちらの記事もおすすめです。
→ 初詣の穴場スポット 関東はここがおススメです!!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。