札幌雪まつりの日帰り見学!見どころと1日で満喫出来る回り方!

旅行・観光

冬の風物詩ともいえるイベント札幌雪まつり。国内だけでなく、海外からも観光客が訪れる人気の雪まつりです。

そんな人気な雪まつりを皆さんは見た事ありますか?見た事ある方もない方もいるかと思います。

札幌は北海道にあるため「遠い」「何日かかけていかなくちゃ行けない」という事が理由で行けない、という方もいます。

「どうにかして日帰りで行きたい!」という方々向けに札幌雪まつりを日帰りで楽しむ方法をお伝えします。

スポンサードリンク

札幌雪まつりは日帰りでも楽しめる!?

「そもそも北海道が遠いのに日帰りで札幌雪まつりを見れるの!?」という疑問があるかと思いますが答えはYESです。

「ホテルが取れなくてどうしても日帰りじゃないと無理!」と言う方や「休みがどうしても1日しか取れない」という方におすすめです。

日帰りでも十分に札幌雪まつりを楽しめる事が出来ます。会場は3つありますが開催時間をきちんと把握しておけば全ての会場を回る事ができます。

しかし遠ければ遠いほど飛行機の時間が早くなると思うのでお寝坊は厳禁です。

札幌雪まつりのツアーなどもあっておすすめですが、残念ながらツアーとなると日帰りのプランがほとんどないので日帰りの方にはツアーはあまり向かないでしょう。

飛行機も雪まつりの直前に予約を取ろうとすると既にチケットが完売している、なんて事もあるので、行くと決めているのであれば早めに予約を取るのが良いでしょう。

 札幌雪まつりの日程と見どころは?!

来年度の札幌雪まつりの日程と見どころをお伝えします。会場によって開催日程が異なるので注意です。

①大通公園会場

日程は2018年2月5日月曜日から2月12日の月曜日の振替休日まで開催します。

時間は特に開催時間が決められているわけではないのでいつでも会場で見る事が出来ます。

大通会場の見どころは札幌市民の皆さんや陸上自衛隊の皆さんが作り上げた雪像です!

また、昨年はプロジェクションマッピングも上映されたという事で見どころが満載です!

②すすきの会場

日程は大通公園と同じ2018年2月5日月曜日から2月12日月曜日の振替休日まで開催されます。

時間も大通公園と同じで決められた時間はないのでいつでも見る事が出来ます。

すすきの会場の見どころと言えはやはり氷像がです!

美しい氷像や綺麗なイルミネーションがあり、写真を撮りたい方はこちらの会場がおすすめです!

③つどーむ会場

日程は2018年2月1日木曜日から2月12日月曜日の振替休日まで開催され、こちらは他の2会場とは違い少し早めの開催となります。

つどーむ会場はすべり台やスノーラフトがあり自然と触れ合えるので、お子様がいる方にはぜひおすすめしたい会場です!

また、つどーむ会場は開催時間が17時までと決まっている為早めに行く事をおすすめします。

スポンサードリンク

 札幌雪まつりの1日で回るおすすめの回り方とは?!

札幌雪まつりは3会場ありますが、おすすめの回り方は誰と一緒に見に行くかによって変わるかと思います。

友達と一緒に

雪像を見て楽しみたいなら大通会場、写真を撮りたいならすすきの会場がおすすめです!

「遊んでから!」という方は最初につどーむ会場に行ってから他の会場を回ったほうが夜にプロジェクションマッピングやイルミネーションを見る事が出来ます。

恋人と一緒に

やっぱり恋人と来たなら写真撮ったり、イルミネーションを見たいですよね!

明るい時間帯はつどーむ会場などに行って、ライトアップを見たいなら大通会場やすすきの会場は夜に行くのがおすすめです。ただ帰る時間もあるので気をつけたいものです。

家族と一緒に

家族、特にお子様がいる方はやっぱり遊びたいはず!

このような方は先に大通会場やすすきの会場を見るのも1つの手です。その後につどーむ会場でいっぱい遊んで帰るというのもおすすめです。

「イルミネーションも見たい!」という方は回る順番が逆でも良いかも!?

自分ひとりで

自分ひとりなら自分が行きたい所に行きましょう!

雪像や氷像をじっくり見てみるのもいいし、夜にはプロジェクションマッピングを楽しむのもいいです。

早く見終わって夜まで時間があるという場合は札幌を観光してみるのもおすすめ!

まとめ

冬の大イベントである札幌雪まつり。考えるだけでも楽しくなってきますよね。

日帰りは大変かもしれませんが1日でも十分に楽しめるイベントとなっています。

今回行くのが難しい方は次回に向けて札幌雪まつりに行くプランを練ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。