Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » クリスマス » イルミネーションなら仙台光のページェントへ!混雑や穴場は?

イルミネーションなら仙台光のページェントへ!混雑や穴場は?

目安時間約 6分

いよいよ来月にクリスマスが控え、街中ではイルミネーションの点灯がはじまりましたね。

恋人たちにとってはデートのムードを一気にあげてくれ、全国各地にイルミネーションがあるのですが、その中でも一際豪華で有名なイルミネーションが仙台にある「仙台光のページェント」というイベントです。

その歴史は長く最初に始めたのが1986年なので、もう約30年も前から毎年12月の初めから年末まで開催されている歴史あるイベントなのです。

今回はその、仙台光のページェントについて詳しくお話ししたいと思います。

仙台光のページェントの場所はどこ!?日程は!?

まずはどこでやっているのか

仙台光のページェントは宮城県仙台市青葉区にある定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)でイベントは行われています。

アクセス方法は...

車で行く場合は東北自動車道(仙台宮城IC)から、西道路を通って県庁や市役所方面向かっていくと到着します。

また、公共交通機関を利用する場合は、JR仙台駅西口より地下鉄南北線、泉中央駅方面で勾当台公園駅から降りたら徒歩1分なので、公共交通機関で行くのがおすすめですね。

ちなみに東京や大阪など遠方から来る方は、東北新幹線を利用すると東京からですと約1時間40分、大阪からですと東京駅で乗り継ぎ、仙台駅までで約4時間とけっして行けない距離ではないのと、どんなにすごいのか見たいために毎年来場する人が増えているようです。

仙台光のページェントの日程は...

今年は12月8日(金)~31日(日)までの24日間です。

点灯時間は...

日曜から木曜までは17:30~22:00
金曜と土曜は17:30~23:00
24日は23:00まで
31日は24時まで

仙台光のページェントを見に行こうと思ったらしっかり点灯時間も事前に確認してから行くといいですね。

やっぱり混雑する・・・?仙台光のページェント穴場スポットってある!?

人気の仙台光のページェントは、点灯が始まる17:30から1時間くらいは混雑のピークなようですが、基本的にどの時間帯に行っても空いている時間はあまりなさそう…

でも、できれば落ち着いてゆっくり見たいですよね。「どっか穴場のスポットはないの?!」そんな方達の声にお応えするべく、ちゃんと穴場スポットがありました!!

いくつかご紹介すると、晩翠通り側の道は比較的道が空いているため、ゆっくり見ることができるそうです。

そのほかにも、「せんだいメディアパーク」という定禅寺通に面している施設からも、全面ガラス張りなため、中からでもイルミネーションが見られるので、地元の人の間では穴場スポットとして有名です。

スポンサードリンク

ワクワク!ドキドキ!仙台光のページェントの楽しみ方って!?

イルミネーションを観賞するほかにも仙台光のページェントには、楽しめるポイントがいくつかあるみたいですよ!

まず1つ目は「スターライトウインク」というものです。名前だけを聞くとなんだろう?と思いますよね。

実はスターライトウインクというのは、18時・19時・20時の3回の時間に点灯していたイルミネーションが1分間消えてしまうのです。

光が目のように消えているときは目をつぶっていて、点灯したら目が開くという意味にキラキラしているイルミネーションを掛け合わせて、スターライトウインクという名前なんです。

由来を聞くととってもロマンチックですよね。

2つ目はイルミネーションが最もきれいに見える定禅寺通りから近い「匂当台公園」です。

ページェントが見える定禅寺通りだけと思っている人が多いみたいですが、実は匂当台公園にもきれいなイルミネーションがあるんです!イルミネーションの他にもスケートリンクがあるため、カップルで訪れて楽しむ人も多いんだとか。

また、キリンの形をしたバーなどインスタ映えする場所も多くあるため、隠れ穴場スポットとして人気ですよ。

まとめ

仙台光のページェントについてどんなイベントか、またどれだけ楽しめるか伝わりましたか?毎年このイベントを楽しみにしている人も多く、年々クオリティもあがっているため若い世代からSNSに投稿するため遠方から来る人もいるくらい、ここ最近特に注目されています。

来月のクリスマスの予定はどうしよう…とまだ悩んでいるカップルはもちろん、友達や家族で行っても十分楽しめるので、ぜひ今年は仙台光のページェントに行ってみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

カテゴリー
メタ情報