Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » イベント » 成人式の前撮りの値段って?かかる時間は?ネイルもした方がいい?

成人式の前撮りの値段って?かかる時間は?ネイルもした方がいい?

目安時間約 10分

人生で一度きりの成人式。

一生に一度ということもありその振り袖姿をしっかり残しておくためにも前撮りする人も多いのではないでしょうか?

でも振り袖代もかかってるし…
前撮りっていくらくらいするのかな?
時間もかかるの?
どこまできれいにして行ったらいいんだろう?
ネイルはした方がいいかな?
と楽しみな分準備は万全にしたいですよね。

今回は成人式の前撮りについてご紹介しますね。

成人式の前撮りをすると値段ってどのぐらいかかるの?

成人式の前撮りをする値段はフォトスタジオから振り袖をレンタルするか、ヘアメイクやお支度をお願いするか、何パターンのポーズを撮影してもらうかなどによって料金も様々なんです。

だいたいのフォトスタジオでの料金設定が撮影料+商品代がかかります。

この撮影料は撮影してもらうための料金ですが、フォトスタジオによってはポーズを変えるごとに料金が加算される場合もあります。

あとは商品代ですが、撮影した写真をどんなサイズで何枚現像してもらうかによって料金が変わってきますね。

それに加えて例えば台紙に入れてもらう料金がかかったり、特別な写真だからとアルバムを作成するともちろんアルバムの料金もかかってきます。

この撮影料+商品代で4万円〜くらいが相場のようです。

例えば振り袖は自分で用意して着付けをして、ヘアメイクも自分でやってとなれば前撮りの料金としては撮影料+商品代のみとなります。

でも準備を全て自分でできるという方は少ないのではないでしょうか。
着付けも浴衣とは違って振り袖はすこし複雑で、着崩れないように気をつけて着付けなければなりません。

ヘアメイクも普段のメイクとは違って和装に合うようなものをした方が全体的に見たときにはやはりきれいです。

そうなるとヘアメイクも着付けもフォトスタジオのプロの力にお願いしたいですよね。

成人式の特別プランを使えばお得!?

え?じゃあ一体いくらかかるのよ?と心配になりますが、成人式は前撮りが殺到することもあって多くのフォトスタジオでは成人式の特別なプランを用意しているところが多いです。

ですので振り袖は自分で用意をしてヘアメイク・着付け・撮影料・商品代(写真代)という
プランで約4万円〜が相場となっています。

成人式の特別プランを使った前撮りだとかなりお得ですね。

ちょっと。ちょっと。
じゃあ振り袖は自分で用意しなきゃいけないの?
と思いましたね?
大丈夫です!

ちゃんと振り袖のレンタルと前撮りが一緒になったプランも用意されているフォトスタジオも多くありますので安心してください。

振袖のレンタルってどのくらいかかるの?

振り袖レンタルだけの料金で言えばリサイクル品であれば1万円からレンタルできるものもあります。

リサイクル品は柄などのバリエーションが少なく色がくすんでいたり汚れが付いていたりする場合もあるので料金が安く設定されていることが多いです。

新品レンタルだとやはり10万円〜が相場になります。

柄が流行りのものから選べたり、新品なので色のくすみはなくきれいなものを着たたい方にはこちらがおすすめです。

和装屋さんで振り袖をレンタルしてお支度やヘアメイクを含んだ前撮りをフォトスタジオにお願いする方法もありますが、レンタルの振り袖だと前撮りと当日に借りることになるので二度のレンタル料金がかかる場合がありますので注意してください。

しかし、最近では和装屋さんがレンタル料金+前撮り+お支度+ヘアメイク+写真代のプランを出していたりもします。

フォトスタジオでも同じようなセットプランを用意していることが多いです。

やはり安くできるなら安く済ませたいですよね。

セットプランで10万円程から全てをやってくれるところもあるみたいですが、やはり一生に一度の成人式の大切な思い出を残すためと色々なオプションをつける方が多いようで相場としては20万円くらいかかると言われています。

成人式の前撮りってどのくらい時間がかかる?

さあ!いざ前撮りの日!
あれ?こんな時間かかるの?!
約束もあるのにー!
とせっかくの前撮りの日にバタバタしたくありませんよね?

前撮りはヘアメイクや着付けのお支度の時間もかかるので大体3〜4時間はかかると見ていた方がいいです。

大体の流れとしては

受付

ヘアメイク

着付け

写真撮影

写真選び

着替え

といった流れになります。

この流れの前にいくつか事前に準備しておいた方がいい事があります。

顔の産毛を剃っておく

普段からお化粧をする子は気をつけている子も多いかもしれませんが、あまり普段はしない子でもこの日は一生残る写真を撮る日です。

産毛を剃っておくとお化粧のノリがよくなりますので事前に剃って行くことをオススメします。

前明きの洋服を着ていく

流れを見て分かる通り、ヘアメイクをしてから着付けをするところがほとんどです。
せっかくきれいにヘアメイクしてもらっても服を脱ぐときに引っかかってしまっては台無しになってしまいます。
脱ぎ着しやすい服を着ていきましょう。

またブラジャーは外すと思っていた方がいいです。
和装のときは胸がない方がきれいに見えることからわざとつぶすようにして着付けるという理由とワイヤー部分が当たって痛くなることを考慮してという理由もあります。

ノーブラに抵抗がある方はスポーツブラをつけててもいいですが、着付ける方のこだわり次第では脱いでくださいと言われることもあるので下からでも脱げるようなものを選んで着けて行ってくださいね。

ちなみに私はスポーツブラを着けたままの着付けでしたが友人は外すように強く言われたようです。

スポンサードリンク

アクセサリーは外していく

和装には和装に似合うアクセサリーがありますが普段身につけているアクセサリーがそうであるとは限りません。

手先や耳元などは特に何もつけていない方が上品に見えます。
どうしても合わせたいアクセサリーがある場合は事前に実際に振り袖に合わせて見てみる事をオススメします。

以上が事前に準備しておいたほうがいいことです。

これは余談ですが...私は成人式当日にコンタクトをし忘れちゃって見にくかったんでしょうね、記念写真の顔がひどい事になってました(^-^;

そんな失敗にもご注意くださいね!

当日は人それぞれですが、振り袖に合った写真用のお化粧や髪型になるのでヘアメイクが一番時間がかかるポイントかもしれないですね。

もしやりたい髪型やメイクのイメージがある場合は事前にヘアメイクの方に伝えておくとスムーズに進みます。

「ここをこうしてほしい!」
というポイントが途中で出てきた場合も遠慮なく伝えてもいいですが、普段のお化粧よりもより和装に似合うものを心がけてメイクをしてくれてる場合もありますので無理に押し通さず相談するような意識で話してみてくださいね。

私の周りでも自分の意見を主張しすぎて写真写りがおかしかった、言うこと聞いてればよかったかな? という友人も居ました。

写真選びの際は、自分の意見ももちろん大事ですが周りの撮影してくれた方の意見や家族の意見を聞いて選ぶのもいいですよ。

家族にとっても大事な子どもの一生の思い出の写真です。

その家庭にもよりますがこの成人式の写真が家族写真として撮る最後のものになる場合もありますよね。

今までの子育てに区切りをつける思いの親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

親孝行の1つだと思ってご家族の意見を取り入れてみるのも思い出に残りやすくおススメですよ。

成人式の前撮りするならやっぱりネイルもした方がいいの?

前撮りも成人式当日もせっかく振り袖を着るし爪先もきれいにした方がいいのかな?
と悩みどころですが人それぞれ意見が分かれるところです。

きちんとサロンに行ってこだわりのジェルネイルをしてもらう方もいます。
しかし、普段からネイルはしないということでしない方もいます。

成人式の前撮りのネイルはどちらもでOKです。

ただあくまで好みの問題ですが、 写真に残るならと自分でマニキュアを塗って前撮りに挑む方が多いです。

普段からやり慣れてないならやってもらう方が楽ですけどね(笑)

当日も普段からネイルしていて慣れている方はともかく、普段ネイルをしない人はただでさえ振り袖にも慣れず爪もなんだか違和感を感じて気になってしまうということもあるのでさりげなくきれいに整えるくらいでも大丈夫です。

ネイルに関しては無理にしなければならないということはないです。

まとめ

振り袖を着る場合お金はどうしてもかかる成人式ですが、一生に一度の大切な日です。

大人として新たにスタートするという意味でも前撮りで意気込みを残しておくのもいいですね。

親御さんと料金なども相談しながら素敵な前撮り、成人式を迎えてくださいね。

スポンサードリンク

  -   - イベント  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

カテゴリー
メタ情報