Reliable

生活やイベントなど様々な情報をお伝えしていきます。

ホーム » 旅行・観光 » 桃太郎神社へ名古屋からのアクセスは?インスタ映えスポットって?

桃太郎神社へ名古屋からのアクセスは?インスタ映えスポットって?

目安時間約 6分

桃太郎神社は、愛知県に鎮座する最近インスタ映えするとして話題になっている神社です。

インスタに載せた時に人の目を惹きつけられる面白い写真が取れるとインスタグラマーから注目を集めています。

今回は、桃太郎神社を初めて訪れる人のために桃太郎神社までのアクセス方法や魅力をお伝えしたいと思います!

桃太郎神社へ名古屋からのアクセスは?駐車場は?

初めて桃太郎神社を訪れる人のために住所とアクセス法を載せておきますので参考にされてくださいね。

交通アクセス

中央道小牧東ICから県道49、尾張パークウェイ、県道185経由、犬山方面に20分

電車でのアクセスは...

名古屋駅から名鉄犬山線に乗り「犬山遊園駅」下車徒歩45分です。

え~徒歩45分ってですよね(^_^;)

電車だとちょっと不便な場所にあります。電車で良かれた場合はタクシーを利用すると良いかなと思います。

タクシー料金の目安は910円です。

桃太郎神社基本情報
住所 〒484-0002 愛知県犬山市大字栗栖字古屋敷
営業期間9時から17時 年中無休
料金大人:入場料無料
その他:参拝無料、宝物館入館料200円(小中学生100円)
駐車場あり(無料)200台

年中無休ですし、宝物館は有料ですが200円とそんなにかからないので行った際にはぜひ宝物館も見てくると良いですよ。

駐車場も200台分と十分ありますので車で行くのが良いかもしれません。

桃太郎神社はインスタ映えスポット?!

最近、インスタが流行っていていますよね?インスタに載せる写真を撮るためにインスタグラマーと呼ばれる人々が、写真写りの良い場所、つまりインスタ映えする場所を求めて様々な場所に出かけています。

インスタを見てみると、目を引くような可愛い写真や面白い写真やお洒落な写真がズラリと並んでいます。様々な写真を見ていると、行ってみたくなる場所がたくさん出てきます♪

インスタ映えする人気スポットとし知られている場所は数え切れないほどたくさんありますが、桃太郎神社もそのうちの1つなんです。

桃太郎神社のインスタ映えとして人気のある場所は、約20体の人形達をはじて桃の形をした鳥居などです。

特に、人形の独特なポーズや表情がシュールだとして人気を集めています。面白い上に色使いも鮮やかですし、確かにインスタ映えには最適の場所と言えるでしょう。

インスタに載せる写真をここで是非撮りたい!と反響を呼んだのにも納得です。ここで撮った写真は面白いものになるでしょうし、パッと目を引くことでしょう。

インスタをされている人なら、こんなに珍しいスポットがあるなら載せてみたいと思うのもよくわかります。

スポンサードリンク

桃太郎伝説を今に伝える桃太郎神社って?

桃太郎神社が鎮座する場所は、愛知県のとても景観の良い河川美日本一とされている景勝地の日本ライン木曽川の沿岸です。

桃太郎伝説として有名なおとぎ話〔桃太郎〕の世界観に触れることができます。

大神実命を祭神とした神社で、子授かりや安産や長寿に御利益があるとされているんですよ。

桃太郎神社の境内には、人形師の浅野祥雲氏が手がけた約20体もの人形が点在しています。その大きさは人間と同じくらいのもので、その独特で不思議な空間と桃太郎伝説の世界観を楽しむために連日多くの人が訪れる人気スポットです。

宝物館という展示館もあり、珍しくて貴重なものが多く展示されています。中でも桃太郎の物語に出てくることで有名な、きびだんごやだんごを作る際に使用する臼や杵は一見の価値ありです。他にも鬼の骸骨やミイラの写真など展示されています。

訪れてみるとよくわかると思いますが約20体もの人形たちが境内に不思議な雰囲気を醸し出し、他では見られない多くの珍しい展示物も楽しめることから、他の神社とは一味違う一風変わった神社として知られています。

独特な桃太郎伝説の雰囲気を味わいに、家族や友人や恋人と一緒に、1度は訪れてみたいという人が多いんですって!

まとめ

桃太郎神社の見どころをお伝えしましたがいかかでしたか?小さなお子様がいるご家庭でのお出かけ先にもおススメです。

お子様と一緒に人形や桃の鳥居などを見ながら桃太郎の話をするなどして楽しめそうです。

もちろん、デートやお友達と訪れても盛り上がりそうですしかなり楽しめそうですよね!

独特な雰囲気とシュールな人形たちが出迎えてくれる桃太郎神社に、是非1度行かれてみてくださいね♪

スポンサードリンク
  - 旅行・観光  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

カテゴリー
メタ情報