アイシングクッキーを手作りしたら日持ちは?長持ちさせる保存方法は?

お菓子作り

今、かわいいアイシングクッキーを手作りすることが流行っていますよね。

ところが、手作りのアイシングクッキーは、思ったい以上に日持ちしないのです。
では、アイシングクッキーの日持ちは、どのくらいなのでしょうか。

又、作ったアイシングクッキーを長持ちさせるためには、何をしたら良いのでしょうか。
ここでは、手作りのアイシングクッキーの日持ちや保存のことについてお話します。

スポンサードリンク

アイシングクッキーを手作りしたら日持ちはどのくらい?

アイシングクッキーを手作りした場合、日持ちは大体1~2週間だと言われています。

更に、焼き加減や使った材料によっては3日くらいしか持たないこともあります。
なので、基本的には「3日以内には食べ切る」と考えてください。

では、手作りのアイシングクッキーはなぜこんなに消費期限が短いのでしょうか。
その背景には、クッキーの上のアイシングの部分が関係しています。

アイシングはかなりの湿気があるので、デコレーションすると下のクッキーに湿気が移ってしまいます。
それにより、その湿気でクッキーにカビが生えやすくなってしまうのです。

なので、完成後十分に乾燥させないまま包装したりすると傷みやすくなります。

でも、市販のアイシングクッキーは、1か月くらい日持ちするというイメージですよね。
ところが、市販のアイシングクッキーはプロの人の手によるものです。

なので、作り方だけでなく保存方法もプロのやり方なのです!
手作りの場合は、プロと同じような保存をするのが難しいですよね。

そのため、手作りのものと市販のものとは日持ちが全く違うと考えてください。

アイシングクッキーを長持ちさせるには何をすればいいの?

そうは言っても、せっかく作ったアイシングクッキーを、少しでも日持ちさせたいですよね。
そこで、アイシングクッキーを長持ちさせるための方法を紹介します。

まず行いたいことは、「デコレーションをする前に、クッキーが乾燥しているか確認する」ということです。
クッキーが完全に乾燥していない状態だと、クッキーそのものに湿気が多くなりますね。

その状態のままアイシングでデコレーションをしてしまうと更に湿気が増えます。
これでは、カビが繁殖しやすくなってしまいますよね。

なので、デコレーションの前にクッキーを食べてみて、乾燥しているかどうかを確かめましょう。
サクッとした軽い食感があれば、完全に乾燥したと考えて大丈夫ですよ。

次に必ず行いたいことは、「完成したアイシングクッキーを完全に乾燥させる」ということです。
乾燥が不十分なままパッケージや容器に入れてしまうと、カビが生えやすくなります。

なので、アイシングクッキーが完成したら、丸1日くらい乾燥させましょう。
置く場所は、湿気が少なく風通しの良い日陰の場所がオススメです。

又、キッチンパラソルなどを被せて、ホコリが入らないようにするといいですね。

更に、クッキーを保存した容器やパッケージの中に乾燥剤を入れるのもオススメです。
今は、ネット通販などで、食品用の乾燥剤を簡単に買うことができます。

それを使って保存すれば、アイシングクッキーの消費期限も何日か延びるようです。
特に、人にあげることを想定して作った場合は、乾燥剤を入れることは必須と考えてください。

スポンサードリンク

アイシングクッキーを手作りした時の保存方法は?

では最後に、アイシングクッキーを手作りした時の、基本的な保存方法をお話します。

  • アイシングクッキーが完成したら、まずはそれらを完全に乾燥させます。
  • しっかり乾燥されたことが確認できたら、次はアイシングクッキーを密封保存します。

タッパーに入れる場合は、しっかり空気を抜き、完全に密封しましょう。
その際、クッキー同士がぶつからないように、余裕を持ってタッパーに入れましょう。

アイシングクッキーはデリケートなので、ぶつかるとすぐにヒビが入ってしまいます!
個包装にして保存する時も、必ず空気を完全に抜きましょう。

又、個包装の場合は、中に乾燥剤を1つずつ入れるといいですね。

次に気をつけたいのは、アイシングクッキーの保存場所です。
アイシングクッキーは常温保存でもOKですが、湿気が少なく風通しの良い場所に置いてください。

又、変色を避けるために、直射日光が当たる場所は避けてください。
但し、梅雨時や夏の暑い日は、どうしても高温多湿になりますよね。

このような時期は、常温保存ではなく、冷蔵庫に入れて保存することをオススメします。

まとめ

手作りのアイシングクッキーは、日持ちが3日~1週間前後と言われています。
市販のものに比べて傷みやすいので、できるだけ早めに食べ切った方がいいですね。

但し、完成後にしっかり乾燥させ、完全密封して保存すると、長持ちしやすくなります。
乾燥剤などを使えば、更に何日か、消費期限を延ばすこともできます。

アイシングクッキーの保存方法の基本は、まずは完全密封です。
そして、直射日光を避け、湿気が少なく風通しの良い場所に保存しましょう。

梅雨時から夏にかけては、常温ではなく冷蔵庫に入れることをオススメします。

アイシングクッキーって難しいって思いがちですが、実は簡単に100均で一式そろえて作る事も出来ちゃうんですよ。

作り方のコツなんかもこちらの記事でご紹介しています。
→ アイシングクッキーの材料を100均で!簡単な作り方と上手に作る事とは?!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。