お正月は親にお年玉をあげる時の相場は?!プレゼントのおすすめは?

お正月

お年玉は基本的に目上の人から目下の人にあげるものなので、親にはあげてはいけないと言われています。それでも親への感謝の気持ちを込めて、お年玉をあげたいという人はたくさんいます。その場合は年賀として渡します。

白い封筒や祝儀袋などに新札を入れて、表書きに年賀として渡すのです。何歳くらいから渡すのか、いくらくらいが相場なのか、いろいろと悩むことはたくさんあると思います。親にお年玉を渡す際のマナーとルールについて解説しましょう。

スポンサードリンク

お正月は親にお年玉をあげる?!感謝を送ろう!

お正月は子供にお年玉をあげるのが、日本の美しい風習になっていますが、感謝の気持ちを込めて、親にお年玉をあげるのもいいことです。

親にはお年玉ではなく年賀として渡します。育ててくれた感謝の気持ちを込めて、また、子供にもらったお年玉へのお返しとして、なにがしかのお金を包むのは、親にとっても嬉しいことですし、何かと物入りのお正月にとってありがたい収入になります。

暮れのボーナスをもらったら、子供へのお年玉資金とともに親へのお年玉も用意しておきます。年末に銀行に行った時に、お年玉用の新札を降ろしてきます。お年玉でもお年賀でも、ご祝儀には変わりないので新札を渡すのがエチケットです。

しわくちゃの古いお札で、裸のままで渡すのは問題外です。

親にお年玉あげる時の相場やタイミングは!?

親にあげるお年玉にもやはり相場というものがあります。あまり多額になると、親の方でも恐縮してしまいますし、逆に少額だと失礼にあたります。だいたい1万円から2、3万円といったところが、一般的な相場です。

経済的に裕福で余裕のある親には、感謝の気持ちをあらわすだけなので1万円くらいでいいいでしょう。

逆に年金暮らしなどで経済的に苦しい親の場合には、多めに包むようにします。

あげるタイミングは、やはりお正月の新年の挨拶をする時に渡すのがいいでしょう。離れて暮らしていて元旦に合えない場合には、初めて会った時に渡します。いずれにしても新年を迎えた最初の時に渡します。
スポンサードリンク

親へお年玉の代わりにプレゼントを!おススメ3選!!

お正月に両親にお年玉をあげたいといっても、お金ではなく何か品物でプレゼントをあげたいという人もいます。経済的に余裕のある親には、お金より心のこもったプレゼントの方が喜んでもらえるものです。お年玉におススメのプレゼントを紹介しましょう。

お花

年代問わずおすすめなのがお花です。

花はなんといっても感謝の気持ちを伝えるのに最適のプレゼントです。

それもお正月にふさわしい縁起物の花がいいいでしょう。
梅の花などは松竹梅の縁起物なので喜ばれます。

千両や万両の鉢植えもおすすめ!
お正月に贈る花は、洋風のものより和風の花の方が似合います。

ちょっぴり贅沢な食の贈り物

両親はお花喜ぶタイプじゃないのよね~なんて人、美味しいものに目がないなんて人にはちょっぴり贅沢な食の贈り物がおすすめ!

ブランド牛肉やカニ鍋などのセットもいいです。
普段は食べられない御馳走をお正月に家族団らんで食べるのもいいものです。

お正月に一家で外食するのもいいですが、自宅で鍋を囲むのも楽しいものです。

果物の詰め合わせ

肉や魚介系も昔は好きだったけど今はあんまり…という人には果物の詰め合わせなども喜ばれます。

歳を取るとどうしても食欲が減退し、お正月の御馳走でお腹がもたれがちになるので、そういう時にはフルーツがありがたいものです。
今ではお正月の冬の季節にもいろいろなフルーツが店頭に並んでいるので、それを買って年賀のお祝いとして贈るのがいいでしょう。

まとめ

お正月にお年玉やお年賀のプレゼントを贈るのは、いままで育ててくれた両親への感謝の気持ちを表わすものです。

親にはお歳暮を贈りませんから、お正月にお年玉や年賀のプレゼントを贈るのです。
母の日や父の日、誕生日といった記念日にはプレゼントを贈る習慣が根づいていますが、お正月にプレゼントを贈る人はまだまだ少ないようです。

親への感謝の気持ちを込めて、今年は何か贈ってみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。